三浦春馬さんの瞳に映った第8ハウスの月の「怯え」とカップのクィーン

sponsored link

タロットカードを使って三浦春馬さんとスピリチュアルな

対話をした時にカップのクィーンのカードが出て来た場合に

付いて書いています。

カップのクィーンのカードは、クィーンですからカード自体の

完成度が高いので、このカードを通してやって来るメッセージも

それなりの意味を含むことが多いと思います。

三浦春馬さんは、繊細な感受性の持ち主ですが、このような

タイプの人にとってカップのクィーンは、集団的な感情を

受け止め過ぎて参ってしまう傾向があります。

当然のことですが集団的な感情には、三浦春馬さんに対して

肯定的なものもあれば否定的なものも含まれています。

とても繊細な三浦春馬さんは、その両方を区別なく感じて

しまう傾向があったはずです。

三浦春馬さんの真面目さは、三浦春馬さん自身が受け取るべき

感情だけを受け取ることが出来るように区切るためのものでも

あったはずです。

一言で言えば心理的な防衛です。

カップのクィーンのカードの正位置は、集団的な感情と個人的な

ものとの程よいバランスが取れた状態です。

一つ目のポイント

1つのポイントとして集団的な感情が自分自身の中に流れ込んで

来る状態に怯えていた頃の三浦春馬さんと三浦春馬さんが受け取る

べき分だけの感情を分けられるようになった後の三浦春馬さんです。

前者は、カップのクィーンの逆位置で、後者は、正位置と言えます。

三浦春馬さんの月は、第8ハウスにある霊媒体質の月ですから

自分自身の感覚を澄ませば澄ますほど様々な感情に気が付いて

しまうのは当然の資質でしょう。

しかし俳優ですから単純に自分自身を鈍くすると良さも無くなって

しまいますからカップのクィーンの正位置の状態にまで自分自身を

持っていけるコツを常に模索し続けて様々な本を呼んだりしていた

のかも知れません。

その他の努力も沢山されています。

sponsored link

二つ目のポイント

恐らく三浦春馬さんがカップのクィーンの正位置の状態を

自分自身の中に創れるようになったのは、20代後半だと

思います。

カップのクィーンは、繊細なのに感情的にぶれませんから

後は頑張るだけで良かったのです。

カップのクィーンの正位置の状態は、沢山の人に影響を

与える姿勢にとても適しています。

ちゃんと自分自身をオープンにしているのに三浦春馬さん自身と

その他の影響がしっかりと区別されている状態です。

ところが2020年、意図的にこの区別された状態を破壊した

人たちがいます。

明らかに三浦春馬さんの瞳に「怯え」が映っています。

集団的な感情の破壊的な要素が三浦春馬さんの内面に侵入

するように誰かが画策したのです。

単なる苛め以上の何かでしょう。

三浦春馬さんは、大人ですし愛他的なタイプの人ですから

個人的な感情の揺れで意味なく瞳に「怯え」を映すことは

ないでしょう。

もし個人的に何かあっても個人的なレベルのことであれば

心の中にあるものを瞳に映すほど弱くはないでしょう。

確立されたはずのカップのクィーンの正位置の状態が根本から

破壊されたからこそ亡霊のような何かに気が付いて

怯えていたはずです。

三浦春馬さんとスピリチュアルな対話を行う時に出て来るカップの

クィーンは、三浦春馬さんが第8ハウスの月の善い部分だけを

表現することに苦労した分だけとても難しいカードです。

このブログでは、三浦春馬さんが亡くなった今も月と冥王星の

コンジャンクションをカテゴリートップにしています。

そして第12ハウスの月は、他のハウスの月と別カテゴリーに

していますが、これらはほぼ100パーセント、カップのクィーンの

逆位置の影響に晒されるところから人生が始まります。

これは意味合いは、異なりますが第8ハウスの月にも似たような

傾向があります。

もっと言えば第4、8、12ハウスや水のサイン(星座)の月は

集団的な感情の悪意の影響を感じ易いのです。

三浦春馬さんが第8ハウスの月をカップのクィーンの正位置の

状態に出来たのは、20代の後半だと思いますが、けっこう

しっかりと集団的な感情と三浦春馬さん個人が受け取るべきものと

分けられるようになったはずです。

20代後半を強調するのは、遅いか早いかと言えば早いからです。

まだ一通り三浦春馬タロット占いの解説記事を書き終わって

いないのでこれ以上深掘りしませんが、カップのクィーンのカードは、

三浦春馬さんとスピリチュアルな対話をする度にかなり重要な意味を

持つと思います。

三浦春馬さんのその他の記事は、こちらです。

三浦春馬さんのその他のタロットカード解説は、こちらです。

sponsored link
error: Content is protected !!