三浦春馬さんのノード軸と冥王星のスクエアとJUJUさんのイメージに対するタロット占い

sponsored link

三浦春馬さんのノード軸とスクエアとタロット占い

という記事を書いている時にJUJUさんのことが

強くイメージされた件に付いて書いています。

リンク記事を残すことにしたので加筆しましたが、

ノード軸と冥王星のスクエアについて以下のように

書きました。

どんなに交際相手が優しくても可愛くても美しくても

自分自身の抱えている痛みに対して的外れな言動すると

感じると極度な重荷でしかありません。

本当の意味での許容範囲が狭いと言うか、ノード軸と冥王星の

スクエアを持った人が優しくないということでも心が狭い

のでもなく、ただ一緒にいられないのです。

本当に親しい距離に入ると妥協出来ないのです。

これはノード軸と冥王星のスクエアを持つ人の最大の特徴

かも知れません。

このような緊張感があると、どこか同じようなバックボーンを

持っていないと本当の意味で深い関係にはなり得ません。

本当の意味とは、単なる精神的な結び付きではなく

まるでお互いのカルマを時折交換して運び合っても

良いような繋がりです。

1枚目のカード

吊られた男の逆位置

今、三浦春馬さんが身動きが取れないのか?

それとも生きている間に足止めされている中での

ことなのか?

高い次元をスピリチュアルメッセージと考えれば

死後の三浦春馬さんのことになります。

会いたいけれども会えない状況を意味する内容の

吊られ男の逆位置だから亡くなってしまったことで

JUJUさんに会えないという訴えかも知れません。

2枚目のカード

ソードの2の正位置

何かを思い出して若しくは、何かを感じて

緊張感や葛藤を強く感じているけれども動けない。

恐らく三浦春馬さん自身が自分自身の考えや立場の維持に

執着していた時の思いがまだ強く残っているから。

それとも生前もそのような時にJUJUさんと

関わったことがあってそれを思い出して会いたい気持ちに

なっているということかも知れません。

3枚目のカード

正義の逆位置

このカードは、二つの価値を冷静に見る余裕の無さを

表していますが、これは前に進むためにJUJUさんの

優しさに留まらずに何かしら片付けるべき問題に

取り組むことが必要ということでしょう。

恐らく生きている間は、そう思っていて本当に選択すべき

ことを判断する余裕が無かったことを悔いているのかも

知れません。

これは恋愛感情というよりは、人としての優しさ、

もっと言えば身内の年上の女性、特に母親に求めるような

優しさと理解のことを示しているように感じます。

sponsored link

4枚目のカード

カップの8の正位置

気持ちに深く入っていくカードですが、これは三浦春馬さんが

生きている時に解決すべき問題に入っていってそのような

優しさを求めたい相手としてのJUJUさんが見えていなくて

今、会いたいということなのかも知れませんし、生前であれば

そのような優しさの価値に気が付かずに過ごしてしまっていた

ということを思い出しているのかも知れません。

5枚目のカード

ソードの3の正位置

(今回のキーとなるカード)

行き詰った状態を抜け出すために何かを諦めて

前に進めるようにしていった。

この時にJUJUさんが何かしら助けてくれた。

要らない緊張感を取り除くようなべたべたしない

大人の優しさや温もりみたいなものを与えられて

前に進もうとしたことがあった。

というダイレクトな印象が入って来ました。

6枚目のカード

節制の逆位置

このようなカードの流れで節制の逆位置ですから

完全に三浦春馬さん独自の感覚としての理想とするものが

育っていかかったと言うことか、今もそのような状況で

まだまだ自分自身の軸とすべき価値観に取り除くべきものが

沢山ひっついていた、若しくは未だにひっついていることに

気が付いたということでしょう。

7枚目のカード

ワンドのキングの正位置

しかし最後のカードがワンドのキングですから

JUJUさんの優しさがあれば創造的なエネルギーを積極的に

出せたのにと言うことなのか?

JUJUさんのアドバイスを受け入れていれば今でも

創造的なエネルギーを発揮出来て今でも活躍出来たのに

ということかも知れません。

まとめ

正直なところJUJUさんに関しては、まったく気にかけて

いなかったのですが、強い印象が飛び込んで来て急遽

タロットを引いてみました。

そもそも何故急に三浦春馬さんのノード軸と冥王星のスクエアに

ついて書かねばと感じたのかも不思議で、書いている途中で

JUJUさんのイメージが大きくなり、削除するつもりで

取りあえずアップしたら急に過去のJUJUさんと三浦春馬さんの

記事が上がってきたので、読んで下さった方もJUJUさんを

イメージしたのだと気が付き驚きました。

まったく考えていなかったことなのでこれから少しずつ

勉強してJUJUさんに関することもスピリチュアルな対話が

出来るように用意していきたいと思います。

三浦春馬さんのその他の記事は、こちらです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!