コインの8のカードは、三浦春馬さんが死を選択していないことを示唆するカード

sponsored link

タロットカードを使って三浦春馬さんとスピリチュアルな

対話をした時にコインの8のカードが出て来た場合に

付いて書いています。

記事タイトルは、「コインの8のカードは、三浦春馬さんが

死を選択していないことを示唆するカード」ですが、

真実はともかくも読み方として事故という可能性もある

という意味でもあるでしょう。

毎日、三浦春馬さんを思いながら記事を書きたいので

そのような可能性もある記事タイトルであることを

言及しておきます。

三浦春馬さんの空白部分に忍び込んだ何か(タロット占い)

と言う記事でコインの8のカードを引いています。

その時の解説が以下のものです。

「三浦春馬さんは、自衛手段として真面目に働く他に

なかったようです。

このカード自体は、悪いわけではありませんが、

この流れで結末がこのカードであれば、真面目に

働くことで自分自身を外から影響を閉ざそうと

していたことになります。

強い圧迫感を感じて自分自身に閉じこもるしか

手の打ちようがなかったのです。」

コインの8のカードは、割と素直なカードで難しい要素が

入る余地は、少ないと思います。

リンク記事の解説に加えるにしても自分の意識を自分自身の

中に埋没させることで出来るだけ嫌なことを感じないように

したとかそのような感じになります。

ちょっとだけ話がそれますが、このような結論がピタッと

きた場合は、それが上手くいったかどうかは易断が早い

と言うか単刀直入なレスポンスが得られる場合があります。

イエスノーで尋ねられることは、易は強いです。

易は、火沢睽(かたくけい)でした。

これは三浦春馬さんが思ったようにはならないことを

示しています。

お互い(三浦春馬さんを苦しめた側も三浦春馬さんも)お互いに

譲らない状態です。

恐らく三浦春馬さんは、天外者の公開がかかっていましたから

譲れないですし三浦春馬さんが感じ続けていた圧力みたいな

ものも三浦春馬さんが亡くなるまで追い込みをかけるわけですから、

三浦春馬さんの実感としては自分自身に対する圧力が止む気配は

ない状態です。

つまりコインの8のカードが示すように自分自身のやるべきこと

について集中しても三浦春馬さんを狙って忍び込んで来たものから

身を防ぐことは出来ないという意味です。

ただこの時の爻辞は、四爻変でした。

三浦春馬さんが何かしら損をすれば生き延びられた可能性が

あります。

それは天外者の公開を諦めることや「三浦春馬」という名前を

使えなくなることだったかも知れません。

それどころか俳優活動も怪しくなっていたかも知れません。

しかし三浦春馬さんとしては、とてもそれは飲めないわけです。

sponsored link

一般的なテーマでスピリチュアルな対話がされる場合

コインの8のカードの意味は、自分自身の具体的な能力に

関心を向ける内向きなカードです。

勉強したり、技術的なことであればトレーニングしたり

コインの意味そのままに物質的な価値を蓄積することに

専念することもあるでしょう。

一般的なテーマでスピリチュアルな対話がされるのであれば

三浦春馬さんが将来を見据えてコツコツと行ってきた

様々な努力の話題が多いかも知れません。

自分自身の価値を高めていく行動全般に適用される内容の

カードですから健康管理の仕方や食事内容の話題も

含まれることもあるでしょう。

話題にされるそれぞれの内容は、コインのカードですから

どれも具体的なものになります。

まとめ

どのような内容の話題であっても三浦春馬さんが忍耐強く

取り組もうとしたことを表しているカードです。

スピリチュアルな対話なので読み手側が得たインスピレーションや

前後のカードからどのような話題なのか考える必要がありますが

具体的な話題ですから三浦春馬さんの事情に詳しい方なら

より正確に読み易いと思います。

三浦春馬さんが我慢強く対処しようとしてきたからこそ

余計に嫌がらせを酷くしていったのだと思われます。

正しくない望みを持つと人は、結果を性急に欲しがります。

待てないのです。

三浦春馬さんが死を選択していないと思える一つの要因は、

占いの積み重ねと同時に最近長い春を乗り越えて結婚された方が

7月18日に三浦春馬さんが亡くなることを知っていたように

思えてならないのです。

だとするとそこに計画性があるということです。

これも占いですから確証はありません。

三浦春馬さんは、忍耐強く粘る気だったと思います。

損をするにしても手放す順番があります。

亡くなる直前にその損得を計算出来ないほどもうろうとした

状態にされない限りちゃんとその辺りは理解出来ていたと

思うのですが、どうでしょうか。

三浦春馬さんのその他の記事は、こちらです。

三浦春馬さんのその他のタロットカード解説は、こちらです。

sponsored link
error: Content is protected !!