5月15日の幸運のポイントと金星のメッセージ

sponsored link

5月14日の幸運のポイントは、オリジナルな幸せの入り口

という記事の続きです。

今日は、午前の11時頃に月が蟹座に入ります。

蟹座は、本気になると何もかも飲み込んで破壊しますが、

蟹座の月ですし今日は、魚座の木星とのトラインですから

気持ちを緩めてくれると思います。

もちろん緩め過ぎてつまらない怪我などしないようにと

思うこともありますが、基本的に明るい気持ちになり易い

ですし、そのおかげでポジティブな考え方がし易いと思います。

と言ってもこれも夕方まででもう一つの注目ポイントは、

太陽と冥王星のトラインです。

ソフトアスペクトの冥王星には、普段なら目の届かないような

深い部分もしっかりと整えてくれます。

修復、回復という作用がありますから、ここに意識を向けて

自分で何かを修理しても良いですし、疲れが溜まっていたら

酷くなる前に何らかの対処をするのもありです。

冥王星ですから深いところにアプローチしてくるので

あんまり驚かずに回復のイメージで様子をうかがってみると

運勢の意図が把握出来ると思います。

sponsored link

今日は、冒頭で運勢に対する価値観について書かなかったので

後半部分に書きます。

本当に運が良いと言うのは、必要な時に必要なものを

与えられることです。

第12ハウスは、そのような在り方をしている意識空間です。

エゴで考えると慎重なタイプの人であれば何もかも将来に

備えて今を犠牲にするかも知れません。

感覚的に生きるタイプの人は、今だけに生きて自分自身を

消耗させるかも知れません。

極端なことを書きましたが、エゴに振り回されると「結局は

バランスだよね」と言った結論になりがちですが、それでは

人生にスピード感が出ません。

自分自身が望む状態に向かうだけで良かったスピリチュアルな

在り方からわざわざ不自由な肉体を持った生き方をするために

この世に来たのは、ある価値に向かうという一方通行の時間を

生きるためです。

このような時間を有意義に進めていくには、自分自身の本質に

沿った目的を持つことが大切です。

この目的意識は、社会的な価値観と必ずしも折り合いが

付き易いとは限りませんから何らかの形で齟齬が発生しがちです。

そのような見えないストレス部分を上手く修復するイメージを

持っておくと、そのような部分にアプローチする方法やポイントが

明確に見えてくると思います。

見える部分にはルールがありますが、自分自身の本質というような

スピリチュアルな部分は、まったく自由奔放ですから、どうしても

ズレやガタは発生するものです。

オーバーホールとまでは言いませんが、一カ所修復されるだけでも

調子は良くなるものです。

おまけ部分

先日、「金星 蟹座 ぽっちゃり」みたいな検索キーワードが

あがっていて思わず微笑んでしまったのですが、検索した人の

意図は分かりませんが金星や金星期は、とても大切です。

後から振り返るとそこで身に付けた感性は、一生を左右

していきます。

金星期のピークは、20歳前後ですが、この時に育てた

感性は、一生の宝物です。

たとえ一人ぼっちで何かと戦っていたとしても、その高揚感

さえも将来の味方になります。

金星期に苦しみながら取り組んだことでもやがてその良い

部分だけが残っていきます。

もっと言えば感動体験だけが残るのです。

そしてそそれはどんなに日常生活に埋もれていっても

取り出す意思があれば引き出すことが出来ます。

運勢を味方に付ける時に金星期の人は、今まさに

一生を楽しく生き抜くための感性を作っているということを

知っていて欲しいと思います。

金星期が過ぎていてもその時に育てた宝物を今も使うことが

出来るということをお伝えしたいと思います。

これは金星期にこだわるということではありません。

ここに宝物の一つがあるということです。

「金星 蟹座 ぽっちゃり」という検索キーワードですが

金星蟹座がアセンダント付近にあればぽっちゃりと言うか

ふくよかな感じになることもあるでしょう。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!