第11ハウスジュノーの愛の絆に対する孤独な戦い

sponsored link

第11ハウスにジュノーがあるタイプの人は、既成の物事を

変えようとする言動の根底に愛の感情が働く傾向があります。

これは素晴らしいことですが、リスクを孕んでいます。

憎しみが幸せな体験を呼ぶようになる扱い方(憎悪からの逃げ方)

という記事に

「綺麗事で生きているとここで犠牲者の立場に選ばれないように

努力するどころか、自ら積極的に犠牲になってしまいます。

びっくりするくらい幸せな体験をすることがあるように

そうでない体験も可能なのがこの世です。

素晴らしい体験は、恐ろしい世界と根っこ部分で

繋がっているのがこの世ですから個人的な頑張りで

太刀打ち出来るものではありません。

ピンチになるのは、何らかの理由で恐ろしい世界側に

近づいたからです。」と書きましたが、このような

可能性を少なからず持っています。

愛の感情がベースにあることで善の意識が働き易く「身を引く」

というイメージが湧き難いのです。

このジュノーに冥王星のアスペクトがあると、このような傾向が

行き着くところまで行ってしまう可能性がありますから注意が

必要になります。

ジュノーと冥王星のコンジャンクションやハードアスペクトを

持っているタイプの人は、一度スイッチが入ると状況に負けまい

とする衝動が無自覚に強く働くこと自覚しておくことが

大切です。

この衝動は、自覚しても変更出来ませんが、手段を選ぶことが

出来ます。

言い方を変えれば手段でリスク管理するしかありません。

sponsored link

そして第11ハウスのジュノー蠍座の場合は、コンジャンクションや

ソフトアスペクトであっても注意が必要になります。

第11ハウスの基本星座は、水瓶座です。

そこで蠍座の愛情感覚は、育ち難いのです。

一言で言えば何が何でも状況をコントロールしようという気持ちが

強く働きます。

この強過ぎる気持ちは、関わりのある人との繋がりを守るために

戦うというセンスから生まれるものです。

蠍座というサイン(星座)は、実はかなりのファイターです。

派手さは、ありませんが反逆の意思が強く粘り強く戦います。

自分自身が繋がっていた愛情に関しては、独特の基準があって

それを何が何でも死守しようとします。

とにかくそれを変えたくない気持ちが強く、あまりにもこの気持ちが

勝り過ぎると思考停止と似た状態になります。

アドバイスをするならば、どうせ戦ってしまうのですから柔軟な

戦法を採用することです。

蠍座の性質を帯びると責任感がどうのこうのではなく、本気モードに

なると完全にワンマンアーミーになります。

誰かを動かそうとはしますが、それは動いてくれる人がいればこそで

あって自分自身の本音を明かしませんから、本質的にワンマンアーミー

なのです。

自分自身で方を付けようとして抱え込んでしまいます。

第11ハウスは、本来、手放すハウスであり蠍座のジュノーの

ネガティブな部分が出易く適度なコントロールを超えて

ボロボロになるまで戦ってしまいがちですから注意して下さい。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!