三浦春馬さんの第10回目の月命日(スピリチュアルな対話・タロット占い)

sponsored link

今まで一番シャープなタロット占いになりました。

まずそうな部分は、省いてあるので記事にしたら

ぼんやりとしていますが、占い的には満足しています。

強く三浦春馬さんを感じられて幸せです。

どこかに狙われた大変なのでタロット占いの結果次第に

よっては自家消費すると書きましたが、この内容は、

どうなのでしょうか。

しかし○○○の対応には、まったく愛情が感じられないのは

何故でしょうか。

セーフなのか分かりませんが、明らかに仕事関連の

スピリチュアルな対話でした。

1枚目のカード

の逆位置

塔の逆位置のキーワードを分かり易く書くと

「誰かに、何かに裏切りに遭うこと」

「誰かに、何かにとても嫌な感じを持っていること」

「恋愛、結婚、仕事、健康に関わらず、そのうちのどれか、

または一つに将来に関するに希望を持てないこと」等です。

このようなキーワードだけでも十分過ぎると思うのですが・・・。

1枚目のカードは、今回の対話のそれまでの状況になります。

塔のカードは、塔が破壊されて閉じ込められた状態から

解放されることで次に進めます。

それが出来ない逆位置は、マイナス影響を受けることで

何かから解放されない苦痛を意味します。

ですからマイナス影響の内容をもっと客観的、多様に考えるとも

出来ますから、深掘りするのであればその点がポイントになります。

2枚目のカード

ワンドの10の正位置

1枚目のカードの塔のカードが崩壊する力は、デザイン的には

雷ですから崩壊は、外的要因になりますが内側から働くこともあります。

三浦春馬さんの意思が塔の外に向かって働きかけていこうと

しているのです。

今回のタロットを引いた時のこのカードの印象は、三浦春馬さんの

内側から起こったエネルギーではないでしょうか。

2枚目のカードがワンドの10は、三浦春馬さん自身の精神性に

こだわることを意味するカードになります。

火の元素の完成された状態(10)ですから力がかなり強い主張

(火の元素)が考えられます。

思いも強ければ力も強いだけに自分自身の取り組みが達成

されるまで頑張ってしまう状態です。

この力(精神性)が向かう先にもよりますが、生意気とか強引とか

いった感じで受け止められることもあります。

理由は、どうであろうと意気込み過ぎています。

3枚目のカード

ソードのキングの逆位置

2枚目のカードのワンドの10が強過ぎる精神力であるとするならば

3枚目のカードであるソードのキングにその力が引き継がれている

と言えます。

しかし逆位置ですからソードのキングの資質である判断する能力が

上手く機能していないことが窺えます。

三浦春馬さんの意思を通すには、もっと様々な方法を考える必要が

あったことが窺えます。

ただソードのキングは、もっとも深い考える力ですから、三浦春馬さんが

力不足とか単純な話ではない何かがあります。

その何かが4枚目のカードの悪魔の逆位置になります。

sponsored link

枚目のカード

悪魔の逆位置

この悪魔のカードを詳細に書くとまずいのでしょうか?

キーワードだけをサラッと書くなら以下の3点で十分かも

知れません。

社会生活を送る上で常識的な感覚に反すること。

法に触れるようなことに引き込まれること。

正しくないことを見過ごせないこと。

このようなキーワードの何かが三浦春馬さんにとって

引っかかっていたことが窺えます。

5枚目のカード

ソードの4の逆位置

5枚目のカードが意味するものは、タロットカードを細かく

読むと三浦春馬さんにこのようなマイナス影響を与えている

側の対応です。

4(停止)のソード(意志)です。

普通の書くと今までの活動を停止させるということです。

「俳優活動を停止しなさい」というメッセージにも読めます。

タロットですから三浦春馬さんがそのように受け取った

ということであって○○○等が現実に発言したという

意味ではありません。

三浦春馬さんからみたら自分自身が考えられるレベルを

超えている事態に遭遇してしまって活動を停止する

ということです。

もう出来ることはないという実感が伝わってきます。

6枚目のカード

正義の逆位置

このカードは三浦春馬さんの気持ちです。

6枚目のカードですから基本的な読み方としてそのように

受け取れば、○○○等の言うことには、従えない

ということを伝えてきている可能性があります。

誰(どんな人なのか)のまではかけません。

本当はいろいろ書かないとタロットを引いている意味が

なくなると思うのですが。

今回のタロットカードは、全体的に非常に輪郭がはっきりと

していて驚くほどブレがありません。

7枚目のカード

カップの6の逆位置

最終メッセージになるカードです。

「力が及ばなかった」という三浦春馬さんの気持ちです。

気持ちは現実や何かの意思に捻じ曲げられることがあります。

逆位置ですからそういうことになります。

客観的に言えば気持ちで動き過ぎたから亡くなってしまうことに

なってしまったのだと強く感じました。

まとめ

三浦春馬さんを傷つけたエネルギーに関して掘り下げて

書かなければ、こんな感じでまとめることが出来ました。

今回のタロット占いは、驚くくらいまとまったメッセージでした。

とても悔しい思いが強く伝わってくるカードでした。

月命日にタロットを引くので仕事関連の内容が多くなるのかも

知れないと今さらながら思いました。

エネルギーは時間と共にどこかに固定されているので

三浦春馬さんの他のエネルギーが保存されているような

日柄を探してタロットを引くべきだと気が付きました。

この気付きが今日の最高の収穫です。

三浦春馬さんのその他の記事は、こちらです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!