三浦春馬さんの命を対価にさせたこととコインの5のカード

sponsored link

タロットカードを使って三浦春馬さんとスピリチュアルな

対話をした時にコインの5のカードが出て来た場合に

付いて書いています。

7月18日問題で考えれば結果的に三浦春馬さんを

援助してくれる存在がいなかったことを表すことも

あるようなカードです。

出方によっては深刻なことを表す内容なので慎重に

扱いたい内容です。

このカードは、微妙と言うか多様な読み方が出来ると思います。

そのまま素直にに読むと何らかの理由で経済的、身体的な

エネルギーを失うことを表しています。

この作用を突っ込んで考えると失った結果、身軽になることも

あるでしょう。

ですからタロットカードを引いた時の印象や前後のカード

だけでなく、結末のカードでもかなり変わって来ますから

最初から決めてかからないことが大切です。

三浦春馬さんの何かが失われたことがどのような結果に

なったのかをきちんと考える必要があります。

タロット占いは、考えるウエイトは少ない占いですが

自分自身が受け取った印象をきちんと読むことも

大切な仕事です。

そう言った意味で自分自身が勘違いさせられ易いカード

かも知れません。

sponsored link

先に「7月18日問題で考えれば結果的に三浦春馬さんを

援助してくれる存在がいなかったことを表すことも

あるようなカードです。」と書きましたが、

三浦春馬さんが持っていた全て(命まで)を使い切ったとも読めます。

これは自死であってもそうでなくても結果的に三浦春馬さんは

この世での全てを使い切ったのです。

それに相応しい何かを死後であっても提供出来ないものかと

思います。

7月18日以前に三浦春馬さんは、早々に自動車を

手放したり何かと身軽になろうとしていた様子もあります。

このような手放したりする行為もコインの5のカードの

範疇に入れて良いと思います。

そしてその結果、三浦春馬さんが何を手に入れようと

していたのか、ということを感じ取るのが大切なカードです。

身体も気持ちや精神や魂と比較すると物質的な側面が

強いですから三浦春馬さんが激やせしていった時にもコインの

5のカードには表れるでしょう。

仕事関連のスピリチュアルな対話であれば頑張ってもあまり

報われなかったということを伝えてくる可能性もあります。

三浦春馬さんの信じた愛(タロット占い)という記事では

「コインの5の正位置

幼少の頃から自分自身の居場所を得るために、

愛されるために努力することは、当たり前だったと

伝わってきます。

それが愛を得る条件だったということでしょう。

このような条件付けは幼い頃から光るものがあった

三浦春馬さんにとっては、本質的な負担ではなく

本来の自分自身(表現者)になるための有益なもの

だったということでしょう。

愛を求める動機とも言えます。」

と書きました。

本来ならば自分自身の居場所とは、環境や周囲の人たちから

精神的に感情的に受け入れてもらうことかも知れませんが

幼い三浦春馬さんの場合は、児童劇団で良い演技をすること

(ある種の労働)の対価として周囲の大人や母親に受け入れて

もらえるという側面があったものと理解してコインの5の

カードでこのような読みの解釈をしています。

三浦春馬さんがこのような形で子役の時から自分自身の

居場所を得ていなければ、「公開出来ないかも、ごめん」とか、

「公開出来るように何とかお願いしますみたいな働きかけを

他に見出せた」かもとあり得ないことを考えさせる

カードでもあります。

思ったまま書いたら何があるか分からない日本ですから

詳しく書きませんが、三浦春馬さんの命を対価にしないと

公開出来なかったからこそ三浦春馬さんが、今、この世に

いないのは分かっています。

私たち三浦春馬さんのファンにとっては、三浦春馬さんを

いつまでも忘れないことから全てが始まります。

これは感傷的なものではなく小アルカナのコインは、

物質的な側面を表していますから何か具体的な成果として

いつまでも循環させていきたいことです。

このコインの5のカードの解説記事は、三浦春馬さん専用です。

一般的には、金銭や仕事の喪失と言った問題を表しています。

三浦春馬さんのその他の記事は、こちらです。

三浦春馬さんのその他のタロットカード解説は、こちらです。

sponsored link
error: Content is protected !!