人間性の否定は、三浦春馬さんを引き裂き回復させない意思(ソードの8のカード)

sponsored link

タロットカードを使って三浦春馬さんとスピリチュアルな

対話をした時にソードの8のカードが出て来た場合に

付いて書いています。

このカードは、学ぶことで知識を蓄積することを表しています。

そしてそれは、次第に自分自身の人生に対するを見方を

意味するようになります。

何をもっとも重要と考えるかは、人によってそれぞれですが

自分自身の選択によって知識を積み上げることで

人生に対する価値観が明らかになっていきます。

この価値観が試されることを表しているのがソードの8の

カードです。

大なり小なり三浦春馬さんの信じていた価値観や大切にしていた

価値観が破壊されたことに関してスピリチュアルな対話が

なされた時に出てくる可能性があるカードとも言えます。

そこで思い浮かぶのが「人間性の否定」です。

何を持って「人間性の否定」とするかは、当事者には、それしか

無いという感覚になりますが人によっては、それを手放すことで

地位や富や快楽を手に入れる場合もあります。

ですからやはり人それぞれと考えます。

ソードの8のカードが出て来たことで考えられるスピリチュアルな

対話で大きいことなら、三浦春馬さんの信念に関する否定であり、

日常的なことであれば様々な知識に関する蓄積という大まかな

分け方が出来ます。

sponsored link

このカードの解説記事を書きながら感じたことは、三浦春馬さんの

孤独と7月18日事件に向けて漂い始める影(インスタライブの

三浦春馬さんの雰囲気等)です。

この時点ですでに何かが三浦春馬さんに張り付いています。

とても優しく人懐っこい人間味豊かな部分と三浦春馬さんの

大人意識が上手く繋がっていない感じです。

元気な三浦春馬さんは、この二つがちゃんと繋がった状態です。

どこかで三浦春馬さんの蟹座のキロンやそれに類することについて

触れたと思うのですが、三浦春馬さんのインターセプトされた

蟹座の中にはセレスと木星のコンジャンクションもあります。

これは三浦春馬さんの明るい資質です。

愛着に関する楽観的な性質を表しています。

三浦春馬さんのインターセプトされたハウスは、第1ハウスと

第7ハウスですから努力家で美しく自信に満ちた演技を中心とする

表現活動に関する三浦春馬さん外から見える三浦春馬さん、

三浦春馬さんが意識的に取り組んでいる三浦春馬さんと

謙虚とも言えますが、どこかに自信無さげと言うか、保護

されるような愛され方を求めているように感じられる繊細な

三浦春馬さんと二人の三浦春馬さんがいます。

三浦春馬さんの持って生まれたポテンシャルをどんどん

磨いて伸ばしていくのがインターセプトされた第1ハウスの

山羊座部分であり、何故、三浦春馬さんがこんなことに

なったんだと私たちが感じる三浦春馬さんはインターセプト

された蟹座の部分の三浦春馬さんとも言えます。

これらの三浦春馬さんの二つの面の繋がりを少しずつ

引き剥がそうとする何か三浦春馬さんの側にいました。

その最も強烈な一撃が「人間性の否定」だと思うのです。

そしてその後は、三浦春馬さんが自分自身を修復出来ないように

側で見張り続けていた気配があります。

三浦春馬さんを引き裂こうとする誰かの意思を代理するものを

必ず側に置き続けたのです。

これは一度引き裂いた三浦春馬さんの内面を修復(回復)させずに

致命的な状態になるまで丁寧に亀裂を広げ続けた行為です。

そしてそのような意思の代理人として活動するものは、複数人

いたはずです。

そして最終的に三浦春馬さんが千切れた状態になって完全に

自分自身のコントロールが難しい状態になりかけた時の最後の

一押しやその後始末まで行われたとイメージが湧きます。

人は、誰でも毎日壊れています。

しかしそれと同時に毎日自分自身を修復しています。

大きな傷は、しばらくそのままで抱えてタイミングを見ながら

回復に向かいます。

大きな傷がある間は、もちろん本調子は出ませんし、病気や

トラブルとして物理的に動けなくなる場合もあります。

本来、ソードの8のカードは、このような死に至るような妨害を

意味するような程度ではなく、一般的なビジネス上の裏工作や

嫌がらせですが、三浦春馬さんに対しては、絶対に回復させない

という強い意思が働いていました。

もちろん1枚のカードであるソードの8と本気で向き合っただけで

真実は、知る由もありません。

三浦春馬さんのタロットカード解説記事は、一回目が終わりに

近づいていますが、久しぶりに難しいカードでした。

三浦春馬さんの信念が砕かれ、それを絶対に回復させまいとする

意思の尻尾を追いかけて捕まえるまでかなりの時間を使いました。

説明し難いのですがどんなにイマジネーションの中で追いかけても

巧妙に隠れるのです。

それを何度も少しずつ逃げ場を潰しながら少しずつ見ていきます。

もちろん見ると言っても物理的なものではないものです。

三浦春馬さんのその他の記事は、こちらです。

三浦春馬さんのその他のタロットカード解説は、こちらです。

sponsored link
error: Content is protected !!