深田恭子さんの魅力と適応障害は、紙一重(深田恭子さんのホロスコープ)

sponsored link

深田恭子さんの適応障害について書きましたが

一言にまとめると、誤解を生むのでいくつか

ホロスコープの要素をピックアップしています。

深田恭子さんの第4ハウスには、海王星があります。

何らかの理由で他人の理解が及ばないような要素が

家庭環境の中にありました。

海王星ですからそれが虐待なのか、世の中に対する

不思議な解釈なのか、はたまた溺愛だったのか

詳細に検討しても簡単に決めつけてしまうことは

読み間違ってしまう配置です。

ただ水星とコンジャンクションなのでお呪いのような

言葉をかけられてファンタジーを地でいくような

考え方が育ったのかも知れません。

実際、深田恭子さんの行動が家庭で制限されたわけではなく

自ら芸能界を目指したような感じがあります。

そう言った意味では、他愛ない夢の中に情緒的ものを

本気で肯定出来るような比較的ポジティブな海王星の

影響だったかも知れません。

第2ハウスに太陽がありますから、豊かさ対する憧れが

ポジティブなイマジネーションを見せていたのかも

知れません。

ただ深田恭子さんの第4ハウスには、リリスもあります。

親子関係の中で何らかの難しい面があることが窺えます。

それは両親が与える経済的な部分の影響と深田恭子さんが

求めるものとのミスマッチかも知れませんし、単なる過保護や

逆に深田恭子さんに十分に愛情を注ぐには、忙しかったのかも

知れません。

このような第4ハウスの支配星である木星が第3ハウスに

ありますから深田恭子さん自身も現実をいろいろ詮索する

よりも、自分自身の望む状態に向かっていければ、

望む状態が手に入ればそれで良いというスタンスです。

しかも第4ハウスににドラゴテイルがありますから、

家庭的な因縁を抱えているからこそ自然に第10ハウスの

ドラゴンヘッド(今世の課題)を求めて社会に飛びでして

行くことは、とても自然な流れに思えます。

sponsored link

深田恭子さんは、子供時代に家庭で抱えていたイマジネーションを

実現するために芸能界という環境を求めた能動的な女性と

言えると思うのです。

では何故、今、適応障害なのか?ということは、リンク記事に

自分自身を見直したいタイミングが来たことを書きました。

ネイタルのホロスコープのドラゴンヘッドとプログレスの

ドラゴンヘッドとのコンジャンクションですから、そのような

気持ちが成熟してきた状況です。

簡単に言えば芸能活動が嫌になって来たのかも知れません。

落ち着きたくなったのかも知れませんし、意に沿わない

仕事が続いたのかも知れません。

深田恭子さんの場合は、望む状態を芸能界から実際の結婚生活に

置き替えたくても深田恭子さんの性格的に深田恭子さんが

望む状態の豊かさを備えた男性が求めるものと合い難い

傾向があります。

そのようなことに対する自覚が芽生えてきたこともある

かも知れません。

第4ハウスに火星があるので、そもそも家庭に落ち着けない

タイプの人ですし、この火星がしっかりと働いているからこそ

芸能界に飛び込んだとも言えます。

ただ深田恭子さんがノード軸を通してが芸能界に持ち込んだ魅力は、

第4ハウスにあるセレスやジュノーの家庭的な雰囲気や優しさです。

同時にリリスも持ち込まれていますから、ややこしい面があったり

色気に通じていくようなものも反映されていくのですが、

このような傾向全てがひっくるめて報われる状況がなかなか

見つからないことが、そして見つかりそうにないことに

飽きて来た可能性があります。

こういうときは、土星も逆行中ですし見直すことが大切です。

優先順位を決めていくのもありです。

それは何かを捨てるのではなく、必要なものを先ず確保して

それから欲しいものを手に入れる順番を決めることです。

情緒的な混乱が収まれば割合簡単に治ることもあります。

関連記事

パートオブフォーチュンで考える深田恭子さんの適応障害の理由

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!