パートオブフォーチュンで考える深田恭子さんの適応障害の理由

sponsored link

深田恭子さんの魅力と適応障害は、紙一重の続き記事です。

パートオブフォーチュン(POF)に関することを行うと

割とハッピーになれるのですが、深田恭子さんは、

ちゃんと使いこなしている様子です。

POFを簡単に言えば幸運を感じられるポイントです。

深田恭子さんのパートオブフォーチュン(POF)は、魚座

17、45度くらいです。

サビアン度数魚座18度です。

サビアンシンボル名は、巨大なテントです。

深田恭子さんにぴったりの内容のサビアンシンボルで

エンターテイメントの分野に向き、そこで成功し易い人です。

盛り上がるだけでなくそこに方向性を与えることが出来ます。

ただテントが意味するのは、時間や場所の制限です。

深田恭子さんとは、まったく関係が無い人ですが、この

サビアン(巨大なテント)を太陽に持っていた人で不倫が

好きな人と言ったら変ですが多い男性がいました。

テントが限られた時間と場所だから楽しいという言い方も

出来るかも知れません。

ですから一緒に住んでしまうと駄目なのです。

こっそりと会っているくらいがちょうど良いのです。

この加減は、人それぞれですが、サビアン度数魚座18度を

見るといつも不倫好きな人を思い出すのですが、深田恭子さんも

エンターテイメント(芸能界)が好きであってもがつがつ

仕事をするのではなく、深田恭子さんにとって幸せを

感じられるキャパシティーがあったと思うのです。

適切な仕事量は、誰にでもあるのですが幸せを実感するための

切り替えとは、ちょっと異なります。

特に魚座のPOFですから精神的な価値観が満たされることが

ポイントになりますから単純に仕事の量だけでなく質みたいな

ものもとても大切になります。

深田恭子さんの場合は、ホロスコープの上半分の天体が

月だけなので受け身ですが、本当は自分自身のリズムで能動的に

芸術的な活動をすると満足感が高くなります。

sponsored link

このような感じでPOFから適応障害について考えていっても

やはりオーバーワーク若しくは意に沿わない仕事が続いたことが

考えられます。

深田恭子さんがテントが出てプライベートに戻るタイミングで

戻れなかったりテント内での活動が自分自身に合わないものだった

可能性があります。

そこでトランジットの土星が深田恭子さんのどこのハウスに

あるのかを見てみると第5ハウスに入っています。

仕事が忙しかったのか、自分自身の楽しみが得られない

プライベートな事情があったのか、恋人と上手くいかなく

なったのか、はたまたこれら全てが重なったのかも知れません。

深田恭子さんのPOFは、第7ハウスにあるので社会で活躍

することに向いていますが、多少の仕事のストレスは、

込みのはずです。

そして第7ハウスのもう一つの大きな要素はパートナーシップです。

人が心身のバランスを崩す時には、様々なことが積み重なって

そのような状態になるものです。

しかも深田恭子さんにとっては、芸能界は幸せを感じられる

場所であり、それを目指し、若くしてそこに辿り着き

成功した人の一人なのです。

恐らく仕事以外の要因も大きいと思われますが、第5ハウス的な

バランスが全体的に崩れたのでしょう。

第5ハウスとパートナーシップの共通項を簡単に言えば恋人に

関することです。

現在のトランジットの土星は水瓶座です。

土星の度数的には、深田恭子さんの第5ハウスですが第5ハウスの

カスプは山羊座で第6ハウスが水瓶座になります。

土星は、水瓶座、魚座と逆行しながらも(現在逆行中)

移動していきます。

つまり深田恭子さんの第5ハウス、第6ハウス、第7ハウスの

半分くらいまでゆっくりと移動していきます。

もしかしたら本調子に戻るまで長い時間が必要かも知れません。

無理をされずに過ごして欲しいと思います。

命があればいつでも仕事は、出来ます。

POF魚座なのでエンターテイメント的なことではなく宗教とかに

心の拠り所を求めても良いのですが、出来れば今後も芸能界で

活躍して欲しいと思います。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!