6月2日の幸運のポイント(下弦の月は、ネガティブな気持ちに開運のヒント)

sponsored link

金星蟹座

6月1日の幸運のポイントは、意識的に良い部分を出すこと

今日の23時頃に金星が蟹座に入ります。

もうほとんど6月3日に入ってしまうので今日の内容に

入れてもどうかなと言ったところですが、知っていると

それだけ金星双子座から金星蟹座への移行がスムーズに

なるので書いています。

金星双子座での個人的な楽しみをいつまでも引っ張っていると

蟹座的な楽しみに乗って生き難くなります。

いきなり変化する必要はありませんが、言動に気を配って

調和のとれた楽しみ方を心がけると楽しみが何割増しに

なっていきます。

スタンドプレーよりも仲間と一緒にとか、蟹座っぽい

ポイントを有効活用してみると良いことが多くなります。

下弦の月

さて今日の大きなポイントは、魚座の下弦の月です。

アセンダントが蠍座ですし、リンク記事でも触れた

目的意識を表す太陽とドラゴンヘッドのコンジャンクションは、

第8ハウス(基本星座は、蠍座)ですから、自分自身と

しっかりと向き合って下さい。

掘り下げる探求心が重要になります。

太陽とドラゴンヘッドのコンジャンクションが双子座ですから

かなりライトな感覚になりそうですが、第8ハウスに

ありますから、けっこう真面目です。

双子座のサビアン度数12度ですから主張を持ちながらも

次第に変化(変容)していきます。

アセンダントとオポジションになるディセンダントは牡牛座

ですから、持って生まれた能力や先祖から譲り受けたものも

有効に活用してみて下さい。

このよう感じで6月10日の双子座の新月まで過ごすことで

新しい目標に向けて余計なものを省きながら整理していきます。

下弦の月ですから、ドラゴンヘッドのコンジャンクションに

なっている太陽は魚座の月とスクエアですから

気持ちを否定されるような感じを受けるかも知れません。

目的意識と気持ちの折り合いが付き難い感じになります。

しかし太陽と月は、スクエアであっても繋がりがあることが

とても大切で、スクエアですから自分自身の裏側を

通して繋がっていることを示しています。

ですから折り合いが付き難い感じの中に次の新月に向けて

良い準備をするためのヒントがあります。

普段何となく手付かずになっていることをやってみても

良い反応が得られるかも知れません。

そうすることでかえって余計な気持ちが剥げ落ちて

必要なものが見えて来ます。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!