三浦春馬さんが亡くなった理由を知っているもう一人の子供(太陽のカード)

sponsored link

タロットカードを使って三浦春馬さんとスピリチュアルな

対話をした時に太陽のカードが出て来た場合に

付いて書いています。

太陽のカードは、私たちが知っている三浦春馬さんと

私たちが知っている三浦春馬さんを表現し続けるために

裏方に回った三浦春馬さんの二人を表しています。

素晴らしい表現者であるために生きられなかった可能性

とでも言えば良いのか分かりませんが、積極的に

生きる部分を影ながら支える部分です。

太陽のカードでは、その表向きで生きられなかった

可能性を子供として表しています。

これは悲劇的なことでもややこしいことでもなくて

タロットカードが作られた頃は、人間という存在に対して

現代のように完全に統一された意識を持つ孤独な存在

だと考えていませんでした。

例えば太陽星座で占いをすることもあると思いますが

太陽の意識はある意味無色透明であって太陽の価値観を

実際に支える水星や金星によって同じ太陽星座でも

中身と言うか味付けが変わります。

この時に二人の子供に対応するのが水星と金星であれば

太陽は、均等に水星と金星を意識せずにどちらかだけを

意識するようなものです。

一般的には、金星だけが意識されますし金星(意識)だけが

身体的なエネルギーやお金をかけてもらって肥大化

していきます。

しかしその人を導いているのは、水星の役割を担っている

子供です。

水星は、考え方(生き残り方)ですからほとんど意識されません。

三浦春馬さんの第4ハウスにある水星は、小惑星パラスと

コンジャンクションです。

この位置取りの水星とパラスのコンジャンクションは、

鋭い知性として発揮されるよりも人を和ませるような性格で

芸術に関する才能がありますし、そのようなことに対して

ポジティブに取り組めます。

sponsored link

このような水星と金星が上手く統合されて牡羊座太陽を

持つ三浦春馬さんになるような感じです。

三浦春馬さんの水星とパラスのコンジャンクションの

配置は、良く言えば共感能力が高いのですが、とても繊細な

ところがあって必要以上に他人の感情の影響を受ける

ところがあります。

ですから子供の頃は、人見知りみたいな感じで自分自身を

ガードしていたかも知れません。

ホロスコープの説明が長くなりますが、三浦春馬さんと

スピリチュアルな対話をする時に太陽のカードが正位置

であればこの第4ハウスの水星とパラスのコンジャンクションが

三浦春馬さんに協力的に働いていると言えます。

もし逆位置であれば何らかの理由で協力することが

出来ない状態にあるのです。

生き辛い人や自分らしく楽しく生きたい人たちへ「愛はある」と伝えたい

という記事で呪いとは疑心暗鬼な状態に追い込むことであり

それを回避するためには開いたスペースを創ることが大切

だと書きました。

このスペースは、見えない子供との距離とも言えます。

三浦春馬さんとの対話(4回目の月命日、タロット占い)

で太陽のカードを取り上げましたが、観念的な死を感じる

ことであれ、三浦春馬さんが激やせするほど追い込まれる

ことであれ、苦しい状況になってしまっている時は

三浦春馬さんを影から支えている三浦春馬さんが

協力出来ない状況にあるということです。

そして実際にタロット占いをしていて太陽のカードの逆位置が

出て来た場合は、協力出来ない状態だけでなく大なり小なり

実際に三浦春馬さんを追い込む存在として具体化します。

現実に嫌がらせを受けるということです。

これは不思議なことですが、私たちの在り方は実際に

身体側のコミュニケーションと無意識に存在して

身体にまで影響を及ぼすコミュニケーションと2種類ある

ということです。

あやかしの話ですが、実際に起こったこととして書きますが

夢の中で足首なりを捕まれて起きてみるとくっきりと指の形が

残るようなこともあるのです。

この太陽のカードの子供は、誰かに発見されない限りお互いが

お互いの影を生きることでそれぞれの人生を生きていきます。

「えっ、三浦春馬さんが二人いるってこと?」と言われそうですが

ある意味、その答えはイエスです。

しかし表現者として生きた三浦春馬さんは、やはり一人なのです。

もし三浦春馬さんがもう一人の自分自身に出会っていたら

もう完全に三浦春馬さんは、この世にいません。

言い方を変えれば三浦春馬さんは、天外者の公開等何かに

一生懸命に取り組んでいる最中にもう一人の自分に値するような

何かを見てしまったのでは、ないでしょうか?

そしてそれに値するような何かは、誰かの手によって処分

されたような気配があります。

三浦春馬さんのその他の記事は、こちらです。

三浦春馬さんのその他のタロットカード解説は、こちらです。

sponsored link
error: Content is protected !!