三浦春馬さんと明日の双子座の新月(日食)の重要なポイント

sponsored link

この記事は、後ほど一部削除、伏字になります。

明日は、双子座の日食(新月)です。

新月の時に日食は起こります。

三浦春馬さんのことに関しても情報が大切な期間に入ります。

三浦春馬さんを思う人たちが少しでも真実に近付けるように

どんな情報にもアンテナを張って自分自身のあやかし(意識の

底にいるもう一人の自分)が、それかもというものを

見つけていきましょう。

観念的なボディーが実態を持つことがあります。

個人的に観念的なボディーが実体化する瞬間を持てるのは、

自分自身の身体を使うからです。

これは、基本的に守護する存在が事故やトラブルを避けさせる

ために一時的に安全な導くために行うのです。

気持ち悪い触手の目的は、○○の○○ですから

三浦春馬さんの○○を使う必要があります。

しかし流石に生きている間は、無理です。

三浦春馬さんの○○に施したいことがあったのです。

一部を持ち去った可能性もあります。

それは、一般的にあそこの○は、歯や爪(剥がします)を

使いますから、もう他人には見せられません。

殴られた後とかではなくそのような作業の時に傷が付いた

はずです。

sponsored link

前の言葉と矛盾しますが、

本当の供養は、春の馬さんがツィートされているような

「これを食べて下さい。」みたいな愛念だけを届けること

ですが、やはり三浦春馬さんの名誉や気持ちを損なうような

状況は、改善されて欲しいと思います。

表に出せないことは、闇へ闇へとバケツリレーするが如く

運ばれていきます。

しかし実際のバケツリレーとは異なって闇を運ぶバケツは

人の命ということです。

自殺に関するカテゴリーも作っていますが、自殺という形態は

誰かが誰かに闇を持たせて真っ暗な世界に運ばせる作業

だからです。

極端に言えば自分自身の意思みたいな自殺であっても

何らかの形で、何らかの理由で社会や生きることの矛盾を

背負ってしまうからです。

ましてや三浦春馬さんのように普通の人が出来ないような

努力が出来て人柄も良くて美しい人の命が誰かのバケツに

されるなんて絶対にあり得ません。

先ず大切なことは、三浦春馬さんの魂が癒されることです。

そしてその結果が地上に反映されることです。

世の中に幸不幸、つまり幸運や不運は、身体があるから区別が

生まれるだけです。

身体に苦痛を与えることが不運なのです。

言い方を変えれば本質である魂は、身体のように脆弱では

ありませんから、そう言った意味では損なわれませんが、

思いの中に、魂の記憶の中に痛みは、残ります。

ちょっとした痛みでも不機嫌になるものです。

時間は、かかるかも知れません。

しかし真実を知っている誰かをその人が不運にやって来ない

タイミングで開示してくれるタイミングを作り出すことは

出来るはずです。

そのようなエネルギーは、明日の日食の双子座の情報という

象徴を、あれでもないこれでもないという実験的な思考を

展開しながら生き残る道を探していくことで高まっていきます。

私は三浦春馬さんの真実が明らかになることを期待しています。

それを見届けて死にたいたいです。

どこかに知っている人がいます。

全てでなくて良いなら、複数、けっこうな複数いると思います。

その人の観念的なボディーがふっと漏らしてくれるだけでも

良いのです。

誰かが拾うはずです。

絶対に悪の要素に対して弱い人もいます。

良心の呵責に耐えられない人もいるはずです。

観念的なボディーは、常に出口を探しています。

今年は、双子座の性質が大きな鍵になります。

私は情報に滅茶苦茶疎いですが、得意とする方は是非

情報の収集に尽力して下さい。

それがいつか真実に繋がるタイミングがあります。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!