戦車のカードのビジョンと霊能の限界について

sponsored link

この記事は、力のカードの逆位置の説明のために残しています。

三浦春馬さんの○○の周囲に見える気持ち悪い手(戦車のカード)

という記事で書いた占いについての補足です。

自分自身が占った結果を自分なりに考えてみました。

大したことではないのですが、常識的に考えて

自分自身が望む状態が通らずに苦しんでいる状態の

三浦春馬さんを見て、その尻馬に乗って動いても、

いざという時に庇われる立場の人物で○○の方法が

あの○のものを使う人物であり、それまでコツコツと

匿名等で嫌がらせをしていた線を探せばおおよその

検討が付くはずです。

普通であれば亡くなる直前の○○履歴等から洗われて

あっという間に実行した者が絞られます。

それが特定されれば本体にまで類が及ぶので庇わざる

を得ないということまで計算されているはずです。

三浦春馬さんの瞳に映っていた怯えは、○○○○に

本気を感じたからでしょう。

春先には、大型二輪の免許を取りに行って何のバイクを

買おうかなんて楽しいことを考えていた時のずっと前から

嫌がらせ自体はあったのです。

それでも他の俳優に負けない仕事量と質をやり遂げていました。

三浦春馬さんの弱い部分も重ねて検討してもそれで負けるような

バランスではありません。

逆に強いだけの要素であればキャラクターの単層性に繋がり

まるっきり反対の事象を引き起こします。

弱さという複雑さは、誰にでも必要なものです。

(今まで三浦春馬さんの弱さに関するホロスコープの配置は、

一般記事で書いてきました。

過去の恋愛の相性記事もほとんど匿名です。

分かるように書いて方が誰かの閃きになる可能性は

あるのでしょうか。)

sponsored link

○○の仕上げに入ってきているわけですから、もっと何か

そのタイミングと思わせることがあったかも知れません。

しかし本質は、見○○○です。

三浦春馬さんが直接的に手が届く範囲にいなくなれば

不可能なことです。

そのための引っ越しもあったと考えています。

当日の部屋の移動もあった可能性があります。

そのような誘導に関しては、他の人物がそれらしい理由を

つけていたはずです。

最終段階に合わせて用意周到に純粋がなされていったはずです。

家の中の動きまでセンサー(ガラス窓を通過する)で把握することも

技術的に可能です。

○○は、狙った家の玄関の開閉、トイレ、浴室、ありとあらゆる

窓から部屋の人数や開閉や起床時間を記録して張り込みます。

これを何ヶ月単位ですることもあります。

普通の人間であれば簡単に処理出来ます。

先ずセンサーの設置に気が付きません。

一般的には、隣家の高い部分である2階以上や屋根を使うからです。

明らかに多くの人が三浦春馬さんが○○○○日を知っています。

このグループは、かなり尻馬に食い込んだ部分があるのでしょう。

急いだから荒っぽいことになってその痕跡が○○に残ってしまい

普通の○儀も出来なかったのでしょう。

見えたままに書ければ良いのですがそれもちょっと憚れます。

所詮、占いです。

霊能は、個人の特定の波長しか拾えません。

絶対に全ては、拾えないのです。

そのことは、重々承知しています。

読んで下さる方々もその前提でお願いいたします。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!