ソードの7のカードは、裏切り者を示唆する(三浦春馬さんとのスピリチュアルな対話)

sponsored link

何となく実行者が見つからないと信じている理由が

分かった気がしました。

いるはずの無い人物をいるかのように演出している

かも知れません。

理由は、以下の対話です。

1枚目のカード

カップの2の正位置

当事者同士は、お互いを異なる利害の個性と思っているから

結び付いているけれども、離れた他人から見るとそこには

繋がり(カップの2)のキーワードが見えるはずと

伝えてきています。

2枚目のカード

コインの3の逆位置

しかしコインの3のカードは、単なる友人関係ではありません。

あくまでも何らかの目的意識を持って集まっています。

一般的な言い方をすれば、やはり何らかの仕事でしょう。

逆位置ですからあくまでも儲けや利益が第一になります。

3枚目のカード

恋人の6の逆位置

恋人のカードは、人間関係だけでなく環境全般も含まれています。

この環境(恋人のカード)から抜け出せなくされたという

ことでしょうか

恋人のカードの逆位置ですから非協力的な環境です。

だとしたら2枚目のカードの目的を持った関係者は、何故

三浦春馬さんをそのような環境に縛る必要があったのでしょうか。

否、何故、三浦春馬さんは、そのような環境に合わせる

必要があったのでしょうか?

恋人のカードは、他人との関係性の中で将来を描きますが

単に俳優という仕事の性質上離れることが出来なかった

ということだけでしょうか。

恋人のカードは、一見すると甘いイメージですがその

人間関係によって将来が決まっていく側面があります。

結果を考えれば普通の環境(恋人のカードの逆位置)では

ありません。

異常な環境です。

三浦春馬さんは、生前それをインスタグラム等で必死に

伝えようとしていたのでは、ないでしょうか。

特定の人が縛られる特定の環境は、ましてや逆位置は、

簡単に理解出来るものではありません。

ましてやあまりに多くの矛盾を残して亡くなっている

のですから、それは異常な環境(恋人のカードの逆位置)

と言えるでしょう。

sponsored link

枚目のカード

ソードの6の逆位置

3枚目のカードを受けて4枚目のカードはソードの「6」です。

恋人のカードは、6番目の大アルカナのカードです。

また「6」です。

つまり環境が呼び起こされるのです。

ソードですから三浦春馬さんが発した考えに対して周囲の環境が

活性化し三浦春馬さんに反応していることを示していますが

逆位置ですから膠着状態だったと伝えてきています。

何故、膠着状態になったのか?

ソードですから、選択を間違ったということになります。

対応を間違ったという言い方も出来ます。

しかしだから亡くなってしまったというのは、異常な環境です。

事務所で亡くなったとしても

自宅で亡くなったとしても、そこは戦地では、ありません。

対応を間違ったというならば、亡くなった場所で関わった

人間に対してです。

何故なら亡くなった後に移動出来ないからです。

なのに何故?

5枚目のカードは、ワンドのナイトのカードで

しかも正位置なのでしょうか?

5枚目のカード

ワンドのナイトの正位置

ワンドのナイトは、移動します。

しかし亡くなった三浦春馬さんは、移動出来ません。

意識不明であっても三浦春馬さん自身で移動出来ません。

基本的なことですが、人物カードのナイトは、象徴的な

移動も含まれています。

普通であればワンド(火の元素)ですから性質上の移動であれば

理念、思想信条、それらに伴う仕事(転職、転業)、思想的な

理由で自給自足を目指して田舎暮らしとかもあるでしょう。

しかし三浦春馬さんが自発的に動けなければこのような

移動も出来ません。

しかも正位置です。

誰かが三浦春馬さんの移動を偽装したという可能性や

三浦春馬さんとしては、4枚目のカードの選択の理由として

男らしくあろうとしたと言う読み方も出来ます。

6枚目のカード

コインの8の正位置

もしです。

このコインの8の外側からの影響に対して亡くなった

三浦春馬さん、若しくは意識不明で動けない三浦春馬さんを

守るというのが、赤の他人であり、それを第三者のように

三浦春馬さんが伝えてきているのであれば、そのように

遺体である若しくは意識不明である三浦春馬さん自身が

扱われたということを伝えてきているのでは

ないでしょうか。

だとすれば5枚目のカードのワンドの9の正位置の移動も

そのまま理解出来ます。

誰かが三浦春馬さんを移動させたのです。

その当時に三浦春馬さんに起きたことを幽体で生きている現在の

三浦春馬さんが伝えてきているという構図ならありです。

イマジネーションとスピリチュアルなメッセージは

異なるのでこのような悩みが生まれるのですが、もし

これで正しければ、気持ち悪い手が行った行為の流れは

絶対にばれません。

何故なら何かを行った当事者は、完全にシロ扱いで

スルーされているからです。

7枚目のカード

ソードの7の正位置

何故、そんなことが可能だったのか?

もしかしたら1枚目のカードから6枚目のカードを

まとめる7枚目のカードで出てきたソードの7の正位置を

ベタな古典的な読み方をそのまますれば、このカードは

裏切り者を表しています。

三浦春馬さんに対する裏切りの一つについて(タロット占い)

三浦春馬さんのその他の記事は、こちらです。

sponsored link
error: Content is protected !!