三浦春馬さんのソードのペイジの読み方(2点あります。)

sponsored link

今日は、と言うよりも昨日は、でしょうか。

三浦春馬さんのタロット占いの1枚目は2回とも

ソードのペイジでした。

ソードのカードの出現の印象が強く中でもソードの

ペイジは、かなり感じるものがあります。

そしてもう一つの印象は、ソードのキングは少ない

気がするのです。

イマジネーションを得る時は、瞑想の類は一切せずに

意識を泳がしたまま日常生活を送るだけです。

他に意識を向けていた方がすっと入って来ます。

ソードのペイジは、ペイジがソード(情報や理屈)を

扱いますから

「見ているのに何か肝心のことに気が付かないこと」です。

何が肝心なのかは、人それぞれです。

ここに客観性があると思うと、それは思い込みになります。

客観性がないから思い込み捜査みたいになると思われる

かも知れませんが、対象となる思考の生理(感情や理念を含む)

を追いかけないと自分自身にとっての客観性にこだわると

いつまでも、求めていることの周囲をぐるぐると

回ることになります。

究極の客観性は、主観と主観の対決なのかも知れません。

sponsored link

何故、ソードのペイジがそのような状態に陥るのかと言えば

風の元素なのにまるで魚座のサビアン度数1度のような

状態で情報が無秩序な状態に並んでいる世界に降り立つ

からかも知れません。

実際はソードのペイジは、基準が曖昧で情報を収集と言うか

首を突っ込むからそうなります。

そのような環境の中で情報の取捨選択を行いながら

前に進んでいく必要があります。

しかしペイジですから何かを見落としてしまうということに

なってしまいます。

しかし三浦春馬さんの時間の使い方から考えると

ペイジの人物像が表すような何でもかんでも手に取るような

こ情報の扱い方をするとは、思えません。

一貫して必要な情報だけを収集していたはずです。

少なくとも三浦春馬さんにとって意味のある情報です。

だとするとそれはペイジの姿勢ではありません。

少なくとも三浦春馬さんは、ソードのナイトだったはずです。

動き回る立場ですからソードのクイーンでもソードのキング

でもないと思うのです。

三浦春馬さんが思うところに狙った影響を与えたい場合、

ペイジ、ナイト、クイーン、キングの間に何センチかずつ

差があって、それぞれが対象に対しててこの原理で力を

加えた場合、ペイジよりもナイトの方が外側に

三浦春馬さんは、いて強い力を加えることになります。

三浦春馬さんがペイジにしろナイトにしろ、一応ナイトで

あってもクイーンまでしか意識出来ません。

だから最も強い力を使ってソード(情報や理屈、理論)に

力を加えるソードのキングは、見えない、だから表れない

ということかも知れません。

三浦春馬さんは、いないはずのソードのキングを

当てにしていたのかも知れません。

最終的に守ってもらえる期待があったのかも知れません。

ソードのナイトの頑張りは、後ろ盾がいなければ成功に

結び付かないものです。

ソードのクイーンが後ろ盾になってくれても良いのですが、

三浦春馬さんに厳しい場合が多い気がします。

このような流れで考えると様々な情報の影響を受けることで

三浦春馬さんは、真実が分からなくなったのかも知れません。

そう言った意味で重要な場面でソードのペイジの出現する割合が

高いのかも知れません。

もう一つの意味

散々書いて来て、別の結論をもう一つ書くと、ひたすら

注意深く用心していたとも言えると思います。

そもそも三浦春馬さんは、見落としてとかしていないのです。

常に警戒していたという意味で読むと文脈がより繋がることが

多くなるかも知れません。

対話を重ねる中で精度が上がっていくと思います。

sponsored link
error: Content is protected !!