劇痩せと死のタロット占い

sponsored link

美しい人に相応しい内容ではないのでカテゴリーから外しています。

今日は、ある方から呪術的な要素に関して貴重な意見を

頂きました。

ベルゼブブという蝿の大悪魔に対する言及です。

ラバーズアイ、をやらされた回だそうです。

呪術の実効性は、相手を疑心暗鬼にさせなければ生じません。

具体的なトリックを複合的に使う厄介な例もありますが、

呪術だけを用いるのであれば信じ込ませる暗示みたいなものです。

小道具、言葉、雰囲気を使って相手に関する様々な情報から

得た心理的なウイークポイントに流し込みます。

そしてもう一つ重要な点があります。

それはその呪○の行動を大なり小なり知っている人間

(オーディエンス)に対して知らしめる行為です。

このオーディエンスが多ければ多いほど、その呪○は、

利きます。

多くの人の錯覚によって疑心暗鬼な状態が完成していくのです。

ですから可能な限り巻き込もうとします。

そのような理由で、気持ち悪い手が多くなれば

イマジネーションは、焦点が合い難くなります。

爪や髪や歯)を使うような感じもしましたが、気持ち悪い手が

本体ではなく、闇の中で呼吸するかのように静かに上下運動

している何かが本体なので様々な気持ち悪い手がある

可能性については、ずっと思っていました。

やっている本人は、信じているから笑わずに大真面目に

出来るのですが、それがターゲットの心の隙間に入り込めば

本当に効果を生んでしまいます。

タロット占いの前提には、霊感に基づくイマジネーションが

ありますが、それらには注釈もなければ固有名詞もありません。

自分自身のイマジネーションに対しても半分も言語化

出来ていないと思います。

しかし美しい人とのスピリチュアルな対話を読んで下さった方が

このようなことでは?と教えて下さることで、幅が広がります。

ただイマジネーションを理解するために具体的な知識と照らし合わせて

みることも必要ですが、イマジネーションをそこで完全に縛って

しまうと悪い変質が起きます。

イマジネーションの命が奪われてしまうのです。

これは、呪○をかけられた人間も同じです。

もしその呪術を噂レベルでも知っていれば、かけられた人の

イマジネーションが縛られてしまうのです。

もしかしたら?という不安要因を作り出し疑心暗鬼に陥ります。

大掛かりになれば周囲の人間が聞こえるように囁くでしょう。

このような状況で正気を保つことは、かなり難しいです。

少しずつバランスが崩れていきます。

草刈正雄さんが恐ろしい形相と危険な勢いで三浦春馬さんに

物を投げつけていましたが、あのような行為も大きな括りで

呪○です。

sponsored link

どんどん広げていけばネガティブな言葉を発すること自体が

マイナス影響を及ぼすとかになりそうですが、ちゃんとした

線引きがあります。

冒頭から述べている疑心暗鬼です。

弱音を吐くことで心理状態が安定することもあります。

ただ基本的に呪○から自分自身を守る方法は、普段から

意識的に密度の高い善い言葉を扱う時間を持つことです。

これは、難しいことではありません。

価値観を扱うのではなく真理に沿った言葉を発するだけです。

そこまで言うなら例を示せと思われるかも知れませんが、

何を真理とするかは、また難しい問題です。

その点に関しては、はっきりと避けて通ります。

そこまで純粋ではないのです。

何を真理とするかは、隠します。

これを上回る呪○をかけられたら負けます。

これを上回るスピリチュアルな対話は、出来ません。

追い込むだけの予定が手違いが起こったという

イマジネーションを得ています。

適量を超えたはずです。

呪○が効力を持つような状況を作り上げるための演出が

暴走したようにも見えますが占星術が火星を扱うように

暴力性は性的なものに根差した衝動です。

誰も止めなければいくらでもエスカレートします。

激痩せも演出のような気がしてならないのです。

何かを混ぜていたのかのようなイマジネーションを

ずっと得ています。

最後の最後で適量を超えたようなイマジネーションが

張り付いて離れません。

この適量は、具体的なものです。

sponsored link
error: Content is protected !!