月と冥王星のスクエアを持つ子供を産んだ母親が幸せになる場合とそうでない場合

sponsored link

取り上げているアスペクトは、月と冥王星のスクエアですが

月と冥王星のハードアスペクトの子供を産んだ女性に

共通する部分も多いので「月 冥王星 合」カテゴライズ

しています。

ネイタルのホロスコープから考える両親のタイプです。

母親を表す月は、冥王星とスクエアで

父親を表す土星と月は、タイトなインコンジャクト

のホロスコープを持つ例で考えていきます。

今回はMCICで考える方法は、割愛します。

母親を表す月は、冥王星とスクエアですから、母親と子供の

間には、何らかの断絶が発生し易い状況が侵入し易くなります。

父親を土星として読むと母親である月は、獅子座と山羊座の

インコンジャクトですから良かれ悪しかれ何かしらブレない

自分軸を持っている父親がが母親の心の隙間

(月と冥王星のスクエアですから亀裂)を埋めてくれる

関係性の両親とも読めます。

言い方を変えればこのタイプの人の母親は、常に心の亀裂を

夫(子供から見た父親という土星)に心の隙間を埋めて

もらわないといけない主体性が持てない何かを持っていると

言えます。

もし夫が機能しなければ子供が夫の代わりをすることもあります。

何故なら子供を通したホロスコープだからです。

占星術的には、単純に月と土星と冥王星のコンビネーション

とも言えますし、タロットカードのLOVRRSであれば

この子供を生むことでそのようような傾向(環境)を引き寄せる

ことになったと言えます。

それはタロットカードの月のカードのザリガニのような

無意識に排除されていた母親自身の扉が開きっ放しに

なってしまったと言えます。

sponsored link

恐らくこのようなタイプの母親は、この月の扉が開くまで

真面目と言うか良い人だった場合もあるでしょう。

母親自身のホロスコープに寄ります。

別に月の扉が開いたからと言って悪い人になったという

ことではなく心の隙間から様々な美しいものや醜いものや

欲望、ありとあらゆるものが表出してくるのです。

特に醜いものや欲望は、ザリガニ(母親の本来の資質よりも

低俗な存在の力)を借りて表れて来ます。

正確に言えば美しいものでさえ、ある種の欲望の中をあがき

かきわけながら熾烈な生存競争を勝ち抜くことで

現象化していきます。

このホロスコープは、子供(本人自身)のものですから

本人自身のホロスコープとしては、月と土星と冥王星の

コンビネーション部分だけで読むと個性的な魅力が

育ちますが言い方を変えれば、それだけ紆余曲折が

多い人生ということです。

もしこのような子供を産んだ母親がこの運勢の傾向を自分自身で

背負わずに子供意外に託すとそれ以外の人間関係からも

そのような影響を受けるでしょう。

これは、このような無意識(月という子供)を外に出したことで

子供と共に自分自身が成長しなければザリガニがザリガニのままで

振り回されることを意味しています。

このザリガニは、子供でもありますからこのホロスコープの

持ち主は、母親の希望に沿いながら共に成長していくことを

基本的には願うでしょう。

それが愛だからです。

タロットカードで言えば子供は、必死で可愛らしい子供に

なろうとするはずです。

そして目的意識を共有することで二人の子供や母親の環境や

業(カルマみたいなもの)からは、完全にザリガニと表現されるような

禍々しいオーラが消えて意思を持って本当の願いを叶えようとします。

言い方を変えれば、ここまでのプロセスで手違いがあれば

ザリガニは、恐ろし気な未知の生物のままで開きっ放しの

月の扉からは崩れかけた欲望やその腐臭に寄って来る有象無象に

よって月と土星と冥王星のコンビネーションの落ち着く暇が

無いような状況が悪い意味で続くでしょう。

このような傾向は、月と冥王星のハードアスペクトを持った子供を

産んだ母親には、あります。

子供を裏切らずに共に成長していくことで素晴らしい結果を得るか

理由や形はどうであれ子供を裏切って自分自身の無意識に長期間

追いかけ回されるかで現実は、かなり変わります。

sponsored link
error: Content is protected !!