美しい人を巡る光と闇の戦い(イマジネーションの整理)-1

sponsored link

美しい人が求めているソードのクイーンへのメッセージ

の続き記事です。

闇の中で呼吸するように上下運動している何か

複数の組織が集合して出来ている意識のようなもの。

気持ち悪い手

「闇の中で呼吸するように上下運動している何か」は、

複数の組織に共通の利益をもたらすと思い込ませている

意識であり、その本質は、ごく少数のメンバーの意思決定の

可能性があります。

「闇の中で呼吸するように上下運動している何か」を

実際に生きているように見せるために具体的に行動する

手足でしょう。

この気持ち悪い手は、委託されたことを行うだけの

ペイジレベルから、難しい仕事を行うナイト、部分的な

司令塔であるクイーンレベルまで様々なイマジネーションが

あります。

気持ち悪い手の委託だと気が付かないまま何らかのメッセージを

伝言ゲームのように伝えて人もいたかも知れません。

若しくは何となく制限された行動もあるでしょう。

実際に見えるレベルで活動するのは、全て気持ち悪い手です。

ただのお飾り人形みたいな動かないものもやしゃべらない

ものもあります。

サイコパス

特殊な存在です。

これは確実に個人レベルの存在です。

「闇の中で呼吸するように上下運動している何か」を

利用することで美しい人をいたぶっていた可能性があります。

メインのサイコパスとサブのサイコパスがいる可能性があります。

それが人格の使い分けなのか複数の存在なのかは、いまのところ

謎です。

sponsored link

今の美しい人のソードのクイーン(光)

今の美しい人のソードのナイト(光)

美しい人の現在の身体である中から生まれて来た存在です。

美しい人のbodyの細胞の白血球みたいな働きをします。

美しい人のbodyを損なうためになされる攻撃と

それをさせまいと美しい人のbodytを守るためのソードの戦いです。

今の美しい人のソードのクイーンの力でどれだけ

ムーブメントを作っていけるかが、この戦いの鍵になります。

そしてもう一つの大きな力、実際的な力である

今の美しい人のソードのナイトの存在です。

戦いは、この今の美しい人のソードのナイトの数が

重要な要素になります。

その他

光の側にペイジがいない理由は、恐らくただ美しい人を

好きなだけだからでしょう。

もっと言えば無意識に美しい人に支えられていた存在です。

多種多様な在り方があるので一様に語れないというか

鮮明にイマジネーションに乗ってこない存在であり

その時々のオーラになって、それぞれの環境を包むような

何かとして表れているように思えます。

その意思が言語化されることは、無いと思われます。

しかし最も大きなエネルギー勢力でありクイーンの

覚醒したりナイトのようにクイーンを意識することは

出来ませんがペイジが本格的に動き出せば闇は存続不可能です。

その他2

ペイジの背後にいるのがカップの存在です。

ソードの戦いにおいて無力な存在であり、今の三浦春馬さんのソードの

クイーンにとって直接的に役にたたない存在です。

カップは、それぞれ内容に相応しいコインを持って過ごす

見えない存在です。

この働きについては、今の三浦春馬さんのソードのクイーンが

キャッチするかどうかは、まったくの偶然に寄ります。

美しい人を巡る光と闇の戦いー2

sponsored link
error: Content is protected !!