美しい人を巡る光と闇の戦いー2、美しい人の心配のメッセージ

sponsored link

美しい人を巡る光と闇の戦い(イマジネーションの整理)

の続き記事です。

美しい人は、今、時間を体感しない世界にいます。

この時間を動かしてあげるために、今の美しい人の

ソードのクイーンは、働いています。

今の美しい人のソードのクイーン(光)は、真実と知るために

2台の乗り物がどちらも大切だと気が付いているのか

どうかは、分かりません。

ソードのクイーンは、ひたすら分解して組み立てるので

先に気が付く必要はないと美しい人は、伝えてきています。

ソードのクイーンは、まるで論理物理学者のように

思考実験を繰り返すのです。

ただクイーンですから感じる力と繊細さという

相反する要素を併せ持つのです。

それが正義感を生むと同時に繊細さを作り出し

弱点にもなります。

美しい人は今の美しい人のソードのクイーン(光)に

それは両方とも答えではなく、それそのものが

何度でも世界のカードへ運ぶものであると伝えてきています。

sponsored link

世界のカードを何回も出すことで真実へ近づいていくと。

生きている間にこの導管を開いておかないと彷徨ってしまうのだと

新しい運命の輪に入ってから気付いたそうです。

2台の乗り物は、本来の目的位置(意識)に辿り着かず、地下水路

(スピリチュアルな導管)の中で彷徨っている魂を運び出すための

ものであると伝えてきています。

2台の乗り物が世界のカードに辿り着くことで彷徨っている人を

一人救うための乗り物が1台出来ます。

その乗り物は、その世界のカードのレベルに応じて能力を

発揮しますが、異なる表現をすればその時に救える人は、

決まっているということです。

今、多くの人が美しい人を救うためにそれぞれの世界のカードを

提示し続けています。

世界のカードが提示された状態は、一つの成功ですが

その提示されたものに美しい人が救われるかどうかは、

分かりません。

美しい人は、今、時間を体感出来ない空間に留まるより

仕方がないのです。

現在「今の美しい人のソードのクイーン(光)」は、美しい人を

救えるような強い世界のカードを作り続けています。

ただ「闇の中で呼吸するように上下運動している何か」には、

ソードのクイーンの闇がいます。

とても注意が必要です。

光と闇が衝突すると事件が起きますから巧妙にオポジションの

位置からずれる配慮が大切です。

美しい人は、そのことをとても気にしています。

心配しているのです。

どんなにもどかしさを感じてもリーガルマインドを忘れずに

思考実験を繰り返す必要があると伝えてきています。

そこには必ず飽きが生じますが、それが圧縮されて健全な

突破口を見出すのですと伝えてきています。

実際的な解決を目指したことは、数字を劇的に改善するための

ものではなく世界のカードを量産出来るようになるための

二つのフラッグシップのうちの一つなんだと伝えてきています。

今の美しい人のソードのクイーンにとって何が

二つのフラッグシップになるのかは、今の美しい人のソードの

クイーン自身が知っていると美しい人が伝えてきています。

美しい人から美しい人を好きな人たちへのメッセージ

sponsored link
error: Content is protected !!