美しい人から美しい人を好きな人たちへ(美しい人を巡る光と闇の戦い)

sponsored link

美しい人を巡る光と闇の戦いー2、美しい人の心配のメッセージ

の続き記事です。

1枚目のカード

コインの10の正位置

「闇の中で呼吸するように上下運動している何か」は、

疲弊していきます。

美しい人を追い込むために直接的に間接的に多くの人を

巻き込んだペイジレベルが多くなり過ぎています。

それだけでも大変なことです。

だからこそ実際に完全な結果が出なければいけないという

強迫観念から暴走しましたし、早く決着をつけたいのです。

所詮、「闇の中で呼吸するように上下運動している何か」は、

具体的な利益のために動くことでしか多くの人(特にペイジレベル)を

動かすことは、出来ません。

「闇の中で呼吸するように上下運動している何か」にとって

長期的な戦いは、とても負担なことです。

新しい利益に向かって動く必要があります。

そのためには、闇を増やす必要があります。

この繰り返しで勢いを増していくのですが

光に照らされ続けると少しずつ見えないところで自由を失っていきます。

「闇の中で呼吸するように上下運動している何か」のナイトレベルも

同じことです。

自分自身が美しい人に行ったことは、ナイトレベルこそ良く理解

しています。

光の働きに強烈な実効性はありませんが無力では、ありません。

見えないところで少しずつ変えていきます。

一般的な光は、見えませんが闇は、確実に減ります。

闇がパワーを行使するのは、闇を増やして自由な範囲を

増やすためです。

そしてそれには、お金が必要です。

光のためにお金をいくら使っても闇は、増えません。

疲れるだけです。

美しい人は、それをよく知っています。

だからこそ闇は、暴走したという言い方も出来ます。

sponsored link

2枚目のカード

ソードの1の正位置

美しい人の意思は、どこまでも伸びています。

ソードの1は、現実的には、未分化な意思ですが、

それを広げていくのは、美しい人を好きな人たちです。

何と言ってもソードの1ですから、

1を「いち」と読むと感覚的に乗れない人は、

「エース」と読んでも良いかも知れません。

実際、ウエイト版は、「エース」読みです。

あくまでも「1」ですが、和製英語でそれぞれが「エース」とか

思って乗っていけば良いのです。

実際に美しい人の意思が美しい人を好きな人たちによって

分離して広がっていく時に、それぞれが「エース」なのです。

3枚目のカード

月の正位置

美しい人を好きな人たち、それぞれがエースの意識を持った時に

美しい人を好きな人たち、それぞれが美しい人の意思を担った時に

美しい人を好きな人たちそれぞれの無意識から自分自身が

忘れていたもう一人の自分が覚醒します。

前記事の2台の乗り物のうちの一つです。

これまでの意識とこの目覚めた部分が同じ目的を持つことで

何度でも願いを叶えていく仕組みが美しい人を好きな人たちの中に

芽生えるのです。

美しい人は、美しい人を好きな人たちにこのギフトを

与えようとしています。

その願いを叶える力の一部を美しい人の意思を押し広げていくために

使ってあげるだけで闇は、力を発揮出来る環境を減らしていきます。

枚目のカード

ワンドの8の正位置

3枚目のカードの光が増すことで具体的な新しい動きが目覚めます。

それまで闇に覆われて動けなかった誰かが美しい人に必要な

決定的な何かを手から落とすかも知れません。

闇の中でしか持てないものってあります。

光の中で持っていたら不自然なものって沢山あります。

5枚目のカード

星の逆位置

それは(4枚目のカード)、闇の中で守ってもらえているのか、

そうでないのか疑心暗鬼な存在の中から発生すると

美しい人は、伝えてきています。

6枚目のカード

ワンドの5の正位置

そしてまるでドラマを見ているような展開が起こるかも

知れません。

7枚目のカード

節制の逆位置

まるで6枚目のカードのメッセージを覆すような節制の逆位置

ですが、これは浄化に時間がかかることや

「闇の中で呼吸するように上下運動している何か」の闇から

少しずつ外れていく存在の中で美しい人に関して聞かされていた

事実と違うとか、最初に約束していたことと違うとか

そのような様々な反応も意味しています。

自発的に崩れていくのです。

美しい人を追い込んでも良いという勘違いから目が覚めていくのです。

絶対に目覚めない部分だけが本当の闇です。

しかし地上的な霊性は、光と闇で成り立つレベルですから

そこまで求める必要は、ありません。

美しい人を追い込んだペイジレベルの何人かが目覚めて光の側に

移動すれば良いだけです。

sponsored link
error: Content is protected !!