8月3日に亡くなった中日ドラゴンズの木下雄介投手の火星蠍座

sponsored link

8月3日に亡くなった中日ドラゴンズの木下雄介投手は、

6月にコロナウイルスのワクチン接種を行い7月6日に

練習中に倒れて今月3日に亡くなりました。

もちろん、因果関係は、誰にも分かりません。

育成枠から這い上がり怪我にも負けずに努力していた

根性の選手です。

あの藤川さんも取り上げるようなこれからも期待したい

選手でした。

ワクチン接種から倒れた期間を考えると因果関係が

かなり気になるからこそ、より大きなニュースになるのですが

やはり27歳の体力十分の若者がこのような亡くなり方を

すると、やはり気になるところです。

スポーツ選手ですから火星が気になるところです。

木下雄介投手は、火星蠍座です。

自分自身がゾーンに入れるような感覚になるまで練習される

タイプでしょう。

そのためには、フィジカルな面だけではなく、メンタルな

部分が入っていけるまでの時間が必要になります。

この入っていくための時間のクオリティーを維持するために

休まずトレーニングされていたのではないかと思います。

コロナウイルスのワクチン接種と死亡の因果関係は、

ほとんどのケースで不明になります。

因果関係が認めれたケースは、あるのでしょうか。

つまり完全にリスクを個人で背負うことになります。

木下雄介投手の火星は、亡くなった時にトランジットの

土星とスクエアでした。

これは自分自身のコントロール外の問題が発生する運勢です。

これ以上は、書けませんが、占星術の運勢的には、

木下雄介投手に問題があったとは、他の点を併せても

どうなのかなと思います。

生まれ時間は、不明ですから他の運勢も絡んでいる可能性も

十分あります。

ただ多くの人が感じる不安というものは、あると思います。

木下雄介投手のご冥福をお祈り申し上げます。

sponsored link
error: Content is protected !!