「闇の中で呼吸するように上下運動している何か」が美しい人を恐れた理由

sponsored link

この記事は、

美しい人が亡くなった理由(美しい人とのスピリチュアルな対話)

という記事の3枚目のカードの内容です。

リンク記事のイマジネーションがかなり長くいくつかの内容が

混在しているので重要と思われたものについては、独立させて

みました。

ですから全ての内容は、リンク記事にあります。

吊られた男の正位置

2枚目のカードが世界ですから美しい人は、生まれて来る前に

求めていた魂の成長は、達成したのだと読めます。

完成のカードだからです。

もちろん、美しい人が世界に羽ばたき活躍する姿を見たいと

今でも思います。

しかし美しい人は、何らかの本質に辿り着かれたからこそ

「闇の中で呼吸するように上下運動している何か」の手足である

「気持ち悪い手」によって潰されたのです。

つまり吊られた男のカードの状態です。

現実世界との接触が不可能な状態にされてしまいました。

美しい人が辿り着かれた本質は、悪を無にする働きがあったことが

今日のカードからはっきりと読めます。

「闇の中で呼吸するように上下運動している何か」は、基本的に

地上的な繁栄を求めて結び付いていますがある意味でとても

バランスが取れています。

敢えて表現するならば正しくない世界のカードです。

だからこそ多くの人が従うしかないのです。

「人に思いやりを持って接し、ずっと素直な子でいて欲しい」

という共感の伴った優しさとは対極にあるものです。

美しい人が手にした本質と衝突すれば無になってしまう世界です。

「闇の中で呼吸するように上下運動している何か」が恐れたのは

まさしくこの部分でしょう。

多くの人を束ねる求心力が消えてしまうことを恐れたのです。

sponsored link
error: Content is protected !!