単なる調整ではない願いを叶える乙女座期間の使い方

sponsored link

本日より太陽が乙女座に入りました。

乙女座は、第6ハウスの基本星座です。

第6ハウスは、培われてきた自分自身と社会とが

上手く噛み合った状態になるように調整をする

意識の働きをする場所です。

素の状態で他者と繋がれる人は、いません。

自分自身以外の誰か何かと繋がるということは

接している面に何らかの変化が生じます。

この変化の結果は、天秤座や第7ハウスに持ち越されて

いきますから乙女座に意識(太陽)がある間は、ひたすら

心身共にどうやって好ましい状態に繋がっていくか

試行錯誤の日々になります。

ですから無理は、禁物です。

かと言って簡単に妥協すると次の展開がつまらないものに

なります。

この調整が難しいのですが、いくつかのポイントがあります。

乙女座の次の天秤座は、取りあえず形になっている必要があります。

ですから高望みし過ぎて収集のつかなくなるような調整の

やり方はNGです。

より良い状態を求めつつも何らかの形(成果)になっている

必要があります。

しかし自分自身が揺るぎない状態で感じられるものであれば

何でも構いません。

ただ乙女座に関しては、十分なゆとりが必要になります。

調整を慌てて行うと怪我や病気、トラブルの元になります。

必ず目的にアプローチする時に安全を確保し心理的に余裕のある

状態で取り組むことが大切です。

乙女座の調整は、基本的に具体的な行為を通すことによって

行われます。

ですから主観的にどのように受け止めてても外側から見れば

他者からの協力を仰ぎ易いとも言えます。

事前に情報を集め段取りをして、協力してもらうことで

かなりの余裕を持って新しい展開を調整することが出来ます。

あれもこれも考えずに今出来ることの中で最良の現実的選択を

行うことがポイントになります。

この乙女座(太陽星座でやっているので1年サイクル)の

調整を通して魚座まで回っていくので、やれるだけのことは

やってみた方が良いです。

どうしても望むところまで具体的に調整出来ない場合は、

具体的な計画を立てることをお勧めします。

乙女座月間で立てた計画は、生き残り易く、社会的な立場を

運勢が動いている間(天秤座から魚座の半年間)にどこまで

出来るかぐらいの気持ちでアプローチしていければ

次のサイクルで早く好ましい状況を手に入れることが出来ます。

そして本当の醍醐味は、ここです。

100パーセント出来ることにどれだけプラスアルファを

乗せられるかをこの乙女座の調整で行うのです。

乙女座の調整期間で出来ない計画を天秤座から魚座の半年間で

達成出来る計画を立ててみるのです。

ここまで込みにして乙女座の調整を行うとかなり楽しいものに

なります。

sponsored link
error: Content is protected !!