気持ち悪い手が美しい人に飲ませたもの

sponsored link

今日のスピリチュアルイメージが消えない間に重要なカードの

解説だけを書きます。

1枚目のカード

ソードの3の正位置

美しい人の意識があった最後の時間は、口論だったと

伝えてきています。

後は、亡くなるまで意識はありません。

2枚目のカード

ソードのキングの正位置

意識のある最後まで自分自身が正義と信じることを

貫いたと伝えてきています。

3枚目のカード

吊られた男の逆位置

結局実際の行動に移されることが出来なかった

美しい人の計画を表しているカードでしょう。

正位置であれば次に女帝のカードが続くのですから

吊られた男のイマジネーションや計画は実際に

実行に移されたはずです。

4枚目のカード

女帝の逆位置

4枚目の対策となる女帝のカードも逆位置です。

吊られた男からの素晴らしい並びなのに逆位置です。

これを美しい人の無念と感じたら失礼でしょうか。

女帝のカードですから吊られた男が蓄えたイマジネーションを

ひたすら形にしていく日々が待っていたはずです。

逆位置ですから、その逆に読みますが。

せめて女帝のカードが逆位置でなければ美しい人の

忍耐の日々は、報われたはずです。

何がどんな存在が逆位置にしたのか。

sponsored link

5枚目のカード

ワンドの10の逆位置

5枚目のカードですから素直に美しい人の周囲の内容として

読めばワンドの10の逆位置は、三浦春馬さんに多くの負担を

与えたと読めます。

それは暴力的ですらあったはずです。

安く見積もっても美しい人が自力で解決不能な困難を

押しつけてきたのは間違いないでしょう。

6枚目のカード

ワンドのキングの正位置

ここまでカードの順番に従って読んで来たのでここも

それに準ずると美しい人は、そのような圧力に対して

独立という主張で対応したと読めます。

言い方を変えれば追い込む側は、独立を認めないという

ことになります。

7枚目のカード

死に神の逆位置

この死に神は、美しい人が描いた夢(吊られた男)の

実行(女帝)を粛清(死に神)したということを伝えてきています。

問題は、粛清の方法です。

本来ならば死に神のカードは、必要なものは残します。

しかし何もかも三浦春馬さんから奪いました。

亡くなった後は美しい人が生きた証まで消し去りそうな

勢いで活動を継続しています。

異常事態です。

美しい人に何かを飲ませたと伝えてきています。

親しい友人は、その結果、どのような状態になったか

その姿を見ていると伝えてきています。

自動車事故の現場に横たわる被害者を見るように

ただ見ただけです。

美しい人に望むポーズをさせたかったようです。

痩せた理由と飲み物の因果関係は、あるでしょう。

しかし最終的に分量を間違えたと伝えてきています。

今の美しい人のソードのクイーン(光)へ

本来ならば死に神のカードは、必要なものは残します。

指示した側が何を残すべきと考えていたか分かれば

その指示した存在は、理解出来ると思われます。

しかし死に神の意図を無視したのは、また別の存在です。

追い込んだ側には、複数の立場があります。

取りあえずこれらをわけて考えるしかありません。

少なくとも一緒に扱うと永遠に何の答えも出ません。

sponsored link
error: Content is protected !!