美しい人は消される可能性に怯えていたのか、画策した相手は?

sponsored link

お急ぎの方は、5枚目のカードとまとめだけを

読んで頂けると十分かも知れません。

今回のタロット占いは、最終的なまとめである

7枚目のカードにあまり意味がありませんでした。

問いを立てて望みましたが美しい人が伝えたい内容は

別だったようです。

1枚目のカード

コインの5の逆位置

一般的な意味であれば仕事やお金を失うと読めます。

何らかの金銭問題がきっかけにあったかも知れませんし

身体そのものという意味もあり得るかも知れません。

2枚目のカード

恋人の逆位置

2枚目のカードをセオリー通りに扱えばこのタロット占いで

扱っている問題が1枚目のカードより進み今現在という

ことになります。

恋人のカードは、一般的には恋愛のカードですが

このタロット占いの問いから考えると誰かと、何かと

関わることでそれまで思いもしなかった可能性や問題が

現れる可能性を示唆しているとも考えられます。

逆位置ですから良い可能性ではなく何か悪い問題が

表れて来たと読めます。

その問題は、金銭に関することが発端だったのでしょう。

3枚目のカード

愚者の正位置

2枚目のカードを受けて3枚目のカードは将来を

意味しますから時間が先に進んでどうなったか

という内容になります。

恋人のカードが逆位置でしたから美しい人にとっては

望まない理由でまったく新しい展開が始まった

(予想もしなかった問題が起こった)と読めるでしょう。

4枚目のカード

運命の輪の逆位置

運命の輪のカードの秘密と言ったら大袈裟ですが

正位置であればチャンスに恵まれます。

上手くいかないことがきっかけになって自分らしさに

回帰しようとするためのチャンスになります。

美しい人にとって大切なものを取り戻すのです。

きっとそれは何なのか真剣に考えたでしょう。

(この判断を理念で行ってしまうのが美しい人が

美しい所以ですが実際的な判断をするパートナーが

ビジネスレベルでも必要でした。)

そして4枚目のカードは、セオリー通りに見れば

対策のカードですから様々な思いを込めて原点回帰

としての改姓手続きに踏み切ったと読めると思います。

もちろん今までのスピリチュアルな対話を振り返ると

それだけではなく数名の協力者と言うか、改姓手続き以外の

部分で何らかの情報を共有するような仲間と連絡を

取ることはあったのかも知れません。

ちなみに運命の輪は、一般的な読み方はチャンスに

関することですが、そのような機会の最たるものは生き死に

関することであり象徴的には、チャンスはまさにそのような

ことに通じるものです。

sponsored link

5枚目のカード

ワンドの8の正位置

セオリー通りに見れば5枚目のカードは、2枚目のカードの

恋人の逆位置で現れた相手です。

その相手がワンドの8の正位置ですから

強い意思(ワンド)が一点に集中して(8)強烈な動きが

起こったと読めます。

ワンドの8の正位置は、強いメッセージが放たれたことを

表しています。

これは公私共に思い切った動き(6枚目のカード)をした

美しい人への対抗策のはずです。

6枚目のカード

塔の正位置

セオリー通りに読めば美しい人は6枚目の塔の正位置

ですから、それまでのルールを壊すことで活路を

見出そうとしていたことが理解出来ます。

正位置ですからその試みは、成功したはずです。

しかしながら美しい人は、亡くなってしまいます。

ルール破壊は、仕事においても何か手を打ったはずです。

母親との繋がりが希薄になる部分が生じても今は

30代は未来へ向かうんだという意思を持って

断固たる決意で行ったことが何かあるはずです。

生きる気持ちでいっぱいです。

それが虎の尾を踏んだのかも知れません。

7枚目のカード

カップの3の正位置

今回のタロット占いは、敢えて問いを明確にしました。

「美しい人は消される可能性に怯えていたのか」という

問いに対して最終的な答えがカップの3の正位置です。

今回のカードの並びでは、美しい人が公私共に自分なりの

対策を打ったところまでは自分自身の成功を信じていたと

判断すべきだと思います。

美しい人としても怯えていたわけではないということを

伝えてきている可能性があります。

言い方を変えれば消されたことは、プリミティブな暴力であって

例えて言えばミサイルが飛んで来ると分かって逃げる場所が

無ければ死ぬわけですから、それは怯えることとは

違うでしょと言いたいのかも知れません。

まとめ

問いの立て方に時間軸を設けなかったところが甘かった

のでしょう。

「美しい人は消される可能性に怯えていたのか」という

ところまで届かない内容になりましたが、言い方を変えれば

そのような問いに対して、もっと重要な返答が返って来た

のかも知れません。

5枚目のワンドの8の正位置です。

美しい人の打った対策に対して

強い意思(ワンド)が一点に集中して(8)強烈な動きが

起こした人物がいるはずです。

これによって美しい人は消される可能性が生まれた

と伝えてきているのです。

こちらの方が重要なのでしょう。

どんなに問いを固定しても占っているお相手が

亡くなっていますから、スピリチュアルな対話である部分は

やはり残ります。

7枚目のカードでカップの3が出て来た段階で脳内に

クエスチョンマークが浮かびましたが、5枚目のカードを

中心に4枚目や6枚目のカードに表される内容が美しい人が

伝えてたいことだった思います。

それが美しい人を本質的に消した存在だからです。

美しい人は特定の個人を伝えてきていますが具体的な知識が

ないので、それが誰なのかは分かりません。

sponsored link
error: Content is protected !!