美しい人の部屋

sponsored link

闇の中で呼吸するように上下運動している何かの計画の流れ

の続き記事です。

美しい人の部屋のイマジネーションについての

タロット占いです。

そこだけが気になる方は、5枚目のカードだけお読み下さい。

しかし今回のタロット占いもイマジネーションに対して

カードが追い付いていません。

しばらくスピリチュアルな対話は、このテーマの周囲を

辿る可能性があります。

1枚目のカード

カップの6の逆位置

カップの6カードは、愛情に愛する純粋な思いです。

誰かを出しにされて引っ越しさせられた可能性があります。

カップの6の逆位置ですから誰かの言いなりになっているような

精神的に成熟しているとは言えない部分を持っている

タイプの人です。

しかし美しい人には、やはり大切だと思われていた人でした。

2枚目のカード

ワンドの10の正位置

1枚目のカードの影響を受けて美しい人は、キャパシティーを

超えた負担を負っています。

当たり前ですがそのことを美しい人は、理解していました。

それを自分自身の責任だと感じていました。

その負担感覚に対して一つ一つの仕事にもっと入り込み

充実感を追及することに意義を見出して(ワンドの10)

何とか乗り切っていました。

3枚目のカード

ワンドの8の逆位置

2枚目のカードを受けています。

美しい人は、今の状況がどこまでも同じことの繰り返しであり

出口がないことを悟って動き出しました。

そのために1枚目のカップの6の逆位置で大切に思っていた存在を

ある意味で切り離す決断に至りました。

これは正当な理由があり成功しました。

これで美しい人は、自由になれると思っていたと伝えてきています。

4枚目のカード

星の逆位置

その決断によって何らかの新しい着想を得ることになります。

しかし既にこの時点でそれは、美しい人を取り巻く人的、物的環境と

相対的な兼ね合いで非現実的なアイデアになっていました。

5枚目のカード

太陽の正位置

最初は、5枚目のカードも美しい人のカードとして読みます。

太陽のカードの正位置ですから美しい人の非現実的なアイデアも

時間をかければ成功する可能性がありました。

sponsored link

5枚目のカードをセオリー通りに読む場合は、以下のようになります。

このカード外の説明になりますが今までの膨大なスピリチュアルな

対話を背景に補足するとこのことに関して

「闇の中で呼吸するように上下運動している何か」は、既に

この可能性に対して保険をかけていました。

これがそもそもの部屋の秘密です。

今回のタロット占いだけではまだまだイマジネーションを

言語化するだけのカードを引き出し切れていませんが

美しい人の部屋の秘密は、周辺を全て削り取られた美しい人の

取り得る最後の手段を封じ込めるためのものでもありました。

以前から何度も書いているように美しい人を巡る光と

闇の戦いには多くの意思が関わっています。

恐らくその全てを把握することは不可能かも知れません。

しかしその中で圧倒的に目立っているのがサイコパスです。

サイコパスは何かに働きかけることでこの部屋の特殊な環境を

利用しました。

直接的に動いたのは、気持ち悪い手ですが大まかな指示は

サイコパスから出ていたはずです。

仕組み自体は、「闇の中で呼吸するように上下運動している何か」

が用意しています。

これは組織的な存在ですし、以前から書いているように

何十にも守られていて所在が不明です。

リンク記事の更にリンク記事に解説しています。

それを気持ち悪い手(これはムカデのように無数にあります)の

一部が更に拡大解釈ではありませんが意思を汲み取って

実行していきました。

それが可能だったのは、「闇の中で呼吸するように上下運動

している何か」にとっての太陽の正位置です。

太陽のカードの日常部分が表向きの追い込みであれば

「闇の中で呼吸するように上下運動している何か」にとって

美しい人の部屋は、星のカードと太陽のカードの間にある

見えない月のカードの池です。

この池は「闇の中で呼吸するように上下運動している何か」が

用意したものですから何が出て来るか分かりません。

タロット占い的にはザリガニで表現されていますが

このザリガニには、人間ではないものという意味があります。

太陽のカードの段階では人間になりますが、そもそも

「闇の中で呼吸するように上下運動している何か」が

境界線の外から送り込んだ人間ではないものが一般的な意味で

まとなはずがありません。

太陽のカードの正位置という素晴らしい内容は、あくまでも

「闇の中で呼吸するように上下運動している何か」にとっての

ものなのです。

言い方を変えれば、美しい人の部屋は境界線を超えて

ザリガニを送り込める仕組みを持ったものとして

用意された環境だったということです。

もちろん、ここでいうザリガニは、気持ち悪い手の

一部になります。

それが自由に美しい人の部に物理的に法律的に

出入り出来る自由が作られていたということを

伝えてきています。

そんなことが具体的に可能なのか私には分かりませんが

まるでマジックを行うような仕組みが用意されたものが

美しい人の部屋だったのです。

これに関しては、これからもスピリチュアルな対話を

繰り返して可能な限り具体的なソードに近付けたいと思います。

しかしそれは、今の美しい人のソードのクイーン(光)だけに

伝わらなければいけないことです。

どうしたものやらです。

6枚目のカード

ワンドの6の逆位置

6枚目のカードは美しい人のターンです。

これは素直に読みます。

努力が報われなかったということです。

美しい人の意思(ワンド)は、捻じ曲げられたということです。

7枚目のカード

コインの5の逆位置

7枚目のカードは、このタロット占いのまとめになるカードです。

コインの5の逆位置ですから、お金のトラブルでもあり

全ての物的状況を失ったということでもあります。

そこに身体も含まれているのが恐ろしいです。

sponsored link
error: Content is protected !!