三浦春馬さんの部屋を包むようにに仕掛けられた途方もない魔術(タロット占い)

sponsored link

1枚目のカード

コインのナイトの正位置

三浦春馬さんの最後の行動に対して周到過ぎる

準備がされていたと伝えてきています。

2枚目のカード

コインの6の正位置

周到過ぎる準備に対応した取引が行われたと

伝えてきています。

3枚目のカード

魔術師の逆位置

周到過ぎる準備は、外の世界に対して中の動きを

完全に見えなくするためだったと伝えてきています。

このタロット占いの3枚目のカードである魔術師は、

法律的にアウト(魔術師の逆位置)という表層を

歩く魔術師ではなく1枚目のカードと2枚目のカードを

受けて将来的に用意された逆位置の魔術師(完全に見えない)

という意味です。

この魔術師が1枚目のカードであれば法に触れる魔術師です。

2枚目のカードであれば魔術師がすることは外から見えるので

魔術師の魔術の種は、ばれてしまいます。

周到過ぎる準備(コインの6の正位置)によって魔術師は、

完全な抜け道を作ったと伝えてきています。

法律に触れるような行動(魔術師の逆位置)がこの3ステップで

法律に触れない方法で見えなくなったという意味です。

この特殊な魔術師は、2枚目のカードで周到過ぎる準備の

相手となった人物と相性が良い(6)相手ということです。

そして最終的な計画が達成される準備が整いました。

コインの6の正位置を受けていますから相思相愛の

ビジネス契約の上に成り立って出来た魔術師の逆位置

(本来であれば法に触れる魔術師の逆位置)の通り道です。

魔術師の逆位置は、三浦春馬さんの部屋に続く単なる

トンネルではなく三浦春馬さんの部屋丸ごと取り囲む

空間になったと伝えてきています。

2枚目のコインの6の正位置がこの不思議な空間を

作った関係者です。

sponsored link

4枚目のカード

カップの3の逆位置

多額の経費を使うやり方だと伝えてきています。

5枚目のカード

ワンドの4の正位置

完璧な仕事が実行されたと伝えてきています。

6枚目のカード

ソードの7の逆位置

エネルギーを使い果たしたと伝えてきています。

7枚目のカード

カップのナイトの正位置

まとめのカードがカップのナイトです。

つまりこの特殊な空間は、誰かの何らかの感情(正位置だから喜び)が

増えていく装置であることを意味しています。

カップは水の元素であり必ず背後に土の元素があります。

セットでないと水(感情)は処理出来ません。

つまり誰かの感情を処理するために用意された特殊な空間だった

ということでしょう。

しかし単なる感情を処理するためだけにこれだけ

大掛かりな魔術(3枚目のカードの逆位置の魔術師)を使うでしょうか?

更にカップの3の逆位置という多額の経費を使うでしょうか?

しかしこれらに意味があったとしても疑問が残ります。

三浦春馬さんの部屋全体を包む空間と言うのは、何でしょうか?

大き過ぎます。

魔術師はテーブルに全ての元素を並べていますから、ある意味

完全なものを作ることが出来ます。

4元素を同時に扱うのは最終的に願いが叶う世界のカードと

新しいことを始める魔術師だけ(カードのデザイン上)です。

言い方を変えれば三浦春馬さんの部屋は、完全に包囲されていて

何が起こっても絶対に外部に漏れない状態が作られていた

ということでしょう。

その中で起こることは本来であれば法に触れるはずの魔術師が

法に触れない状態で法に触れる行為が行なえる空間が作られていた

ということでしょう。

まとめと

「今の美しい人のソードのクイーン(光)」へのメッセージ

サイコパスは、外から完全に見えなくする空間を用意出来る

取引を指示出来るのでしょうか?

このタロット占いの魔術師の魔術は、法に触れる行為を

法に触れない行為にする装置を作ったと言える

途轍もない魔術です。

しかも亡くなる1年以上前から若しくは2年くらい前から

準備されたかんのあるイマジネーションです。

タロット占いの積み重ねの中で追い込みを意図したものは

サイコパスであると確信していますがサイコパスの指示で

これだけの空間を用意出来るでしょうか?

ここには書きませんがこれだけの空間を用意出来る

とんでもない存在がサイコパスを利用しています。

そちらの意図が本命です。

分裂状態だったサイコパスの意思は復活し最近の霊感の中で

統合され一つの存在(人物)にまとまりました。

それは何らかの理由でばらばらになった部分が再度まとまった

ということです。

しかしこれは自力でまとまったわけではありません。

利用する存在がいたからです。

まるでマジョリカ状態です。

狙った対象を操ることが彼らのやり方のようです。

サイコパスすら操つれる存在は、何でしょう。

カップの3の逆位置のお金をその時のサイコパスのまとまり具合

(霊感での感覚)で動かせる気はしません。

しかもこの魔術には具体的な高度な知識が必要です。

とてもではありませんがそんなものを持ち合わせている

イマジネーションを受けたことは一度もありません。

今回のタロット占いのイマジネーションの中にあった目的は

サイコパスの能力では作れません。

亡くなってしまっているので単なるイジメとは言えませんが

サイコパスは、その程度の能力です。

このイマジネーションは何でしょうか?

三浦春馬さんのその他の記事は、こちらです。

sponsored link
error: Content is protected !!