特殊な第1ハウスキロンの心の傷

sponsored link

第1ハウスは、生きる本能やその容器となる外形(容姿含む)の

とても大切な部分です。

ちょっと横道に反れますが、生まれ時間が分からない場合

太陽星座占いで太陽星座を第1ハウスに仮置きします。

本当の太陽が第何ハウスにあったとしてもその自我(太陽)が

全てをまとめあげる若しくは責任を持つ起点になりますから

そのように仮定して考えても思考の層のどれかにヒットします。

仮に第12ハウスが太陽があっても、その太陽意識を中心にして

現実の世界を観察するということです。

そう言った意味では、今はトランジットの太陽は乙女座です。

先日の乙女座新月でもそうであったように乙女座のサイン(星座)の

天体が複数あります。

これは今、太陽星座占い的に考えると太陽が天秤座の人にとって

今まさに第12ハウス的な時とも言えます。

占星術を通して内面の動きを振り返るのに割と良い時期なのです。

言い方を変えれば太陽回帰したら(誕生日を迎えたら)再び

新しい1年を始めないといけません。

その時に占星術を気にして良いのは、天秤座の占い師だけと

言ったら言い過ぎですが、気にせずにダッシュ出来たら理想です。

sponsored link

本文は、ここからです。

キロンは心の傷を表すと同時にその傷を燃やすことで

同じような傷を持った人を癒す能力を示す部分でもあります。

第1ハウスにキロンがあるということは意識しているか

どうかは別にし心に何らかの傷があることを示しています。

根本的な生存に関する痛みですから心理学やスピリチュアル、

占い等にも関心を寄せることもありますが、第1ハウス

ですからもっと直接的に同じように苦しむ誰かを癒すような

立場になることが期待される配置です。

もし他のハウスがインターセプトされた関係上、第1ハウスと

第2ハウスのサイン(星座)が同じ場合は、仮に第1ハウスに

キロンがあってもその影響の区別は付き難く自分自身の価値にまで

コンプレックスを抱いてしまうことがあります。

もし第2ハウスに木星があり何らかの恵まれた資質を持っていても

それに捉われ過ぎるとキロンの影響で豊かさを享受し難くなり

かなりもったいないです。

コンプレックスは、誤解だと気が付かないとお金に恵まれたり

稼ぐ能力があってもなかなか貯蓄にまで回せません。

ともすれば浪費してしまう可能性があります。

第1ハウスにキロンがある設定で書いていますから、このような

第2ハウスの影響はある意味仮のものです。

しかしこの経験は、実際にエネルギーを投資した分だけ物事を

考える力として反映しますから絶対にポジティブに捉えるべき

ポイントになります。

もし今回取り上げているキロンが蟹座の場合は、愛に関すること

育ちや母親との関係性を振り返ると素晴らしい癒しの能力を

手にする可能性があります。

サターンリターンを超えたら自分自身の物差しで人生は

動き始めているので意識的にポジティブな方向性に切り替えていく

チャンスです。

sponsored link
error: Content is protected !!