魂としての自分とドラコニックチャート(龍頭図)と本当に必要な愛

sponsored link

普通のホロスコープがこの世での自我を表すとしたら

「本当はそうではなくてこんなふうに感じていたんだよね」

と実感出来るのがドラコニックチャート(龍頭図)です。

人によっては、とても感動の大きな占いになりますから

ちゃんと占える人に見てもらうと収穫があるでしょう。

もちろんまったく収穫の無い人もいます。

それはネイタルのホロスコープとドラコニックチャート(龍頭図)が

まったく同じ人です。

ほぼ完全に一致する人もいます。

その様な人は、恐ろしくフラットな精神構造を持っています。

自分自身の価値観で全ての事象を審判のカードのように

真っ直ぐに見ることが出来ます。

同じ視座から見るものを掘り下げることが役割の人たちです。

このような人たちは、様々な階層にいる自分を見た方が良いです。

それをどのように活かすかは、別問題ですがそのような人にとって

ドラコニックチャート(龍頭図)は何の感動もありません。

ドラコニックチャート(龍頭図)のお話に戻ります。

もちろん役立つ場合の記事になっています。

ネイタルのホロスコープの太陽が天秤座で月が射手座だとします。

これらがドラコニックチャート(龍頭図)では、太陽が蠍座で

月が山羊座になる人がいたとします。

これはかなりの大問題かも知れません。

太陽星座

先ず太陽星座ですが普通の自我は、天秤座の個性ですから

自分自身の個性も大切ですし他人の個性を外から楽しむのも

大好きです。

言い方を変えれば必要以上に他者に踏む込むことも

踏み込まれることもNGです。

他人とのコミュニケーションが発生するサイン(星座)ですから

どれだけ自分自身の個性が相手の個性と対峙して耐えられるか

興味深いところもありますが、それでもそれは個性のアウトラインが

崩されるのかそうでないのかということであって一心同体に

なるようなことを目指しているわけではありません。

sponsored link

そのような性質の自我(しかもメイン)が魂レベルでは、蠍座だった

となると大変です。

そこまで望んでいないはずなのに憧れに対して一心同体と言うか

同じような感じになりたくなります。

しかも月星座は、安心感に自由が必要な射手座なのにです。

困ったことです。

しかも魂レベル(ドラコニックチャート(龍頭図))の月星座は、

衝撃の山羊座です。

自由を否定して社会の一部になることで安心感を得ます。

ネイタルのホロスコープの太陽と月のサイン(星座)と

ドラコニックチャート(龍頭図)の太陽と月のサイン(星座)が

逆であればある意味では楽だったかも知れませんが

魂のニーズが今の性格の持つ価値観を乗り越えさせようとします。

以前、第7ハウス海王星の恋人やパートナーは、頼りないのか?

という記事を書きましたが、この第7ハウス海王星の配置の

背後にあるのは、この記事に書いている現実自我を魂の自我が

乗り越えようとすることから発生します。

魂の月星座が山羊座であれば第7ハウス海王星の問題(愛に感じる葛藤)を

解決するためには山羊座的なニーズを満たすべきだと囁きます。

それはふと不安になった時、夜に一人ぼっちで気持ちが必要以上に

冷えてきた時に山羊座的ニーズを求めよと囁くのです。

正しい例かは分かりませんがこの不安定さ(第7ハウス海王星)を

解決するために博士号を取ろうとしてもある程度物事が上手くいって

現世的自我が強くなると月星座射手座がもっと自由を目指します。

一定以上の成果を目指すことは幅広い自由度合いを下げてしまいます。

面白いと感じたことだけを飛び回ることが出来なくなります。

面白くてもそうでなくても同じ目的に従事することで成果を狙う

必要がある山羊座的価値観は、耐えられなくなります。

ただネイタルのホロスコープの土星が山羊座であれば

このような魂の望む内容との組み合わせでもちゃんとまとまります。

やはり何らかの結果を出すことが大切だと言うことです。

これが7ハウス海王星が示すような愛とどのように関連しているのか

という詳細な内容は機会があれば書くかも知れませんが、この繋げ方は

クリエイティブな要素が強く占いを聞いてそれを正しいと思っても

それは占った人のイマジネーションです。

自前のイマジネーションで繋がないと何度でも断線します。

ちなみに例として取り上げている魂のホロスコープの土星は魚座ですから

最終的には、現実自我のホロスコープの太陽天秤座や月射手座のニーズも

包めるものになっています。

二つのホロスコープを同時に書いているようなものなので問題提起

だけでお仕舞になりますのでノウハウ的なことを一つだけ書きます。

親子、恋人やパートナーといった相性をドラコニックチャート(龍頭図)で

考える場合は、太陽や月のサイン(星座)の組み合わせが同じように

なっているとなかなかの縁があります。

太陽と月のサイン(星座)がひっくり返りかえって同じ組み合わせ

でも構いません。

sponsored link
error: Content is protected !!