「今の美しい人のソードのクイーン(光)」へ

sponsored link

スピリチュアルな対話は、こちらが知りたい以外の内容も

いっぱい入って来ます。

こちらが目的を絞って聴くと最初から弾いてしまうものも

沢山あります。

スピリチュアルメッセージは、聞くものではなく

まるで音楽のように聴くものです。

これで苦しむタイプの人は聴かされているのです。

もっと言えばその人を通して聞かす、聴かすことが

目的であれば、その人にとっては苦痛でしょう。

ノイローゼになるかも知れません。

幻聴です。

そうならないために意識をシャットダウンして純粋に

霊媒になれる体質の人もいますが、それだと人生の

コントロールが難しくなりますし、それを自分自身で

管理まで出来るのは、歴史的にも限られている気がします。

美しい人を現実的に苦しめた真相に関して以外にも

沢山のスピリチュアルメッセージがあって、せっかくだから

それ以外も書いていくことにしたのです。

肉体を失っただけで、まだまだメッセージが頂ける範囲に

いらっしゃるわけですから、頂いたものは出来るだけ

表現しようという勿体無い精神です。

上述したようにこちらの意識を絞るとただでさえ情報に

置き替えると少ないのにそれがもっと少なくなります。

最後の現場が何日であれサイコパスはいたようです。

ノンフィクションのメッセージを受け取って書いた後に

いきなり来たので大変でした。

美しい人を通して得られたものを出来るだけ余すところなく

形にしていこうという方針にしました。

そういう感じで広く構えても来る時は来るというのが

分かったメッセージでした。

sponsored link
error: Content is protected !!