エンタテイメント産業自体も犠牲者?(「闇の中で呼吸するように上下運動している何か」)

sponsored link

エンタテイメントを自給自足する時代かも知れません。

「エンタテイメントは、夢を売る商売なのに

何故、一般人が自給自足しないといけないような

ことになっているのだろうか。

エンタテイメント産業自体が犠牲者に

なっていなければ良いのだが。」

とツイートしました。

「闇の中で呼吸するように上下運動している何か」

について以前書きましたが、普段使っているような霊感では

まったくイマジネーションが及ばないような何かの正体は

エンタテイメント産業自体を食していて(全てかは不明)

その意向に従うことは業界にとって当然の常識なにかも

知れません。

この存在は、気持ち悪い手とは異なります。

気持ち悪い手は、組織規模であっても切り捨てられる

可能性があるものです。

1枚目のカード

コインの6の正位置

自分自身に見合っ相手と組み合わさることで

成功するビジネスです。

2枚目のカードの過去ですから、そのような経験が

あったということです。

2枚目のカード

ソードのキングの正位置

2枚目は、現在のカードです。

有無を言わせない権力を手に入れているようです。

3枚目のカード

ワンドのペイジの正位置

将来的にもこの権力は、活発に活動を続けていきます。

4枚目のカード

ワンドの9の正位置

「闇の中で呼吸するように上下運動している何か」の

対策カードになりますが、これまで通りの活動で

成長していけるようです。

5枚目のカード

カップの9の正位置

成功を享受し楽しんでます。

規模から言って何かの集団ですから、そこに属する

幹部みたいな立場ということでしょうか。

6枚目のカード

ワンドの2の逆位置

「闇の中で呼吸するように上下運動している何か」は、

常に相手(気持ち悪い手)を利用して利益をあげるやり方です。

気持ち悪い手は、美しい人を消した存在だけではなく

複数の集団に及びます。

7枚目のカード

コインの1の逆位置

「闇の中で呼吸するように上下運動している何か」の本質は、

金銭的な利益のみです。

金銭的な豊かさがもたらす享楽的な恩恵のみに関心があります。

それ以外のことは、全てが利益を得るための演出みたいなものだと

伝えてきています。

「今の美しい人のソードのクイーン(光)」へ

カードの展開からアップまで30分くらいの記事です。

「闇の中で呼吸するように上下運動している何か」は、

深追いしてもほとんど見えないので感触みたいなものだけを

サラッと書いただけですが、ほんのちょっとでも

近付けたので記事にしてみました。

sponsored link
error: Content is protected !!