遂に見えた美しい人に張り付いていた闇に住む生き物

sponsored link

昨日、いくつかのタロット占いをスピリチュアルな対話を

行いましたがこの問題の具体的な側面はやはりお金中心で

ありながら周囲に渦巻く怨恨が凄くてそれが美しい人個人に

集約されているようでありながら決して美しい人個人だけに

向けられたもの以外の何かを含みます。

つまりその怨恨の塊は、美しい人のような日本人を消すことが

常に念頭にある存在なのです。

美しい人が消された直接的な理由は、お金でしょう。

しかしその巨大な力にべたりと貼りつく真っ黒な粘液みたいな

何かは美しい人を好きな人の多くの気持ちにダメージを与えます。

明らかに美しい人を消した意図と異なる存在です。

約7年間に及ぶ嫌がらせと消すことと消す時に加えられた

性的なものを含む冒涜行為もお金に関すること以外の理由で

加えられたものです。

スピリチュアルな対話を開始する以前から見えていた気持ち悪い影は

サイズとしては、小さなものかも知れませんが常にその気持ち悪い

闇のような色の粘液のようなボディに相応しい身体に相応しい

入れ物を求めて日本社会の中を移動し続けています。

そう言った意味で美しい人が戦っていたものは、日本社会の裏歴史

そのものかも知れません。

それは、スピリチュアルな対話を始めた当初から美しい人の背後に

張り付いていたものです。

美しい人が日本にこだわった理由は、日本の精神やそれから生まれる

正義や思いやりみたいなものを消していこうとする意思を持った

生き物の存在に気が付いたからでしょう。

これは恐らく様々な事件真相の根っこ部分といつも繋がっていて

社会的なエネルギーを共有しているのでしょう。

どんな生き物でも生きるためのエネルギーが必要です。

闇が深すぎて個人は、あっという間に消されてしまいます。

そもそも美しい人のお金が狙われていました。

美しい人は知らない間に美しい人自身の存在がそのような複合的な

闇の仕組みの装置にされていました。

抜けたいと思った時に抜けなければ間に合うことはなかったでしょう。

完全に組み込まれてしまった中身は殻が無くなると死んでしまいます。

そのことを熟知して手段にまで落とし込めるのがお金の闇に

精通する闇であり、日本社会の裏歴史に住み着く闇です。

闇を住処とし糧を得る以上、表向きを担う何かが常に必要ですが

美しい人もその一つとして何も考えずに動いていたら良かったのかも

知れませんが、そんなことでは透明感は消えてしまいます。

sponsored link
error: Content is protected !!