美しい人の救急搬送と二つの体

sponsored link

時系列に関する根本的な疑問ですが、そもそも

美しい人が救急搬送されたのでしょうか。

スピリチュアルな対話は、時間の概念が曖昧なことが

弱点になります。

今まで少しずつ見えて来た世界の小さな部分も少しずつ

カードを引いていきたいと思います。

かなり限られた時間で備忘録的に残す自家消費的な

タロット占いですから解説はかなり少ない記事になっています。

気になることを片っ端から引いているので全部は記事に

出来ないと思いますが共有出来る部分は、そうしたいです。

1枚目のカード

ソードのキングの逆位置

1枚目のカードは、2枚目のカード(このタロット占いの中心)の

過去になります。

ここにソードのキングの逆位置ですからある種の計算が

働いていたと読めます。

しかし、その計算が救急搬送の中身とは必ずしも直結しません。

呼ぶタイミングだけを図ってもこのカードが出るはずです。

2枚目のカード

運命の輪の正位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心のカードになります。

1枚目のカードで自信たっぷりに計画されていた何かが

動き出したことを表しています。

ソードのキングの逆位置が考えたことが動き出すのですから

根本的な部分が動き出したことは間違いないでしょう。

3枚目のカード

カップ2の正位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの未来です。

そもそものカップの意味は、繋がることです。

能動的なのか、受動的なのかは、分かりません。

しかし1枚目のカードが画策した結果繋がるのですから

繋がる対象が美しい人ですから、既に亡くなっている

可能性があります。

生きているのに勝手に繋げるのは不可能です。

「2」ですからバランスは、ともかく二つのものを

繋げた(カップ)と読めます。

美しい人と何を繋げたのでしょうか。

カップたコインは、比喩は少なくなります。

身体寄りのカードです。

sponsored link

4枚目のカード

ワンドの9の正位置

時系列をコントロールしている側の対策カードになります。

自分たちのやり方に確信を持っているようです。

実行あるのみということになります。

5枚目のカード

ワンドの7の正位置

美しい人の深層心理と言いたいところですがイマジネーション

としては時系列をコントロールする側の現場にいた人間の

本音部分と感じています。

やはり何らかの想定外があったと思われます。

これは難しい状況に陥って頑張っている(正位置)カードです。

何とかしなきゃという気持ちを感じます。

6枚目のカード

コインの2の正位置

6枚目のカードは、時系列をコントロールする側の本音部分を表しています。

不思議なことに現場が慌てているのに割と気楽?に構えています。

時系列をコントロール側にとっては、連綿と続く作業の一部であって

ある程度の混乱があっても大丈夫だと踏んで楽しんでいるような

高見の見物みたいな雰囲気があります。

サイコパスが現場で大汗をかいているのにどれくらいの立場なのでしょうか。

7枚目のカード

吊られた男の逆位置

とても難しい解釈ですが、こういう場合は素直に考えます。

つまり常識外だから普通にヒットするワードがないだけです。

2枚目のカードで計算し尽されたこと(ソードのキングの逆位置)が

動き出しています。

それが動き出したこと(実行されたこと)を表しています。

なのに何故3枚目のカードや5枚目のカードが出るのか?

それを吊られた男が表しているのですから身動きが出来ない状態

(吊られた男、しかも逆位置)が二つ(カップの2)ということでは

ないでしょうか。

5枚目のカードで戸惑っているのは、もしかしたら美しい人と

簡単に判別出来なかったのか、もしかしたら、そもそも二つあって

どこかで入れ替わったのか?

そうなると美しい人の○体の報告書が何十日もかかり尚且つ

穴だらけなことも理解出来ます。

このタロット占いの結果がかなり異常なものであることは

理解していますが二つあったと出ています。

まさしくたかが占いです。

かなり非常識な結果です。

「今の美しい人のソードのクイーン(光)」へ

このような占いをアップするのは、全体的に見ればけっこう

進んでいるので非常識と分かりつつも可能性として書いています。

所詮、占いですからこういうのもありだと思います。

sponsored link
error: Content is protected !!