最後のドラマは、独立の条件?と聞いたら劇痩せの理由を教えてくれました

sponsored link

とんでもないスピリチュアルな対話になりました。

まさしく意図しない返事が返ってきました。

結論だけ知りたい方は、「今の美しい人のソードのクイーン(光)」へ

だけをお読み下さい。

1枚目のカード

コインの9の正位置

美しい人は、何らかの成功を求めて努力をしたいたと

伝えてきています。

何となく理解出来る気もしますが、ここの部分は美しい人を

好きな人が自由に埋めて下さってもタロット占いの本質に

影響は、ありません。

2枚目のカード

ワンドの1の逆位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心になります。

美しい人よりも上の立場の人間から認められないと

伝えてきています。

3枚目のカード

ソードの2の正位置

2枚目のカードに対する少し先の未来です。

ソードの基本的な意味は分離の知性ですから取捨選択

することを表れます。

しかし「2」は、占星術的に言えばオポジションの

状態ですからそもそも選びようがないと言えます。

つまり結局のところ、美しい人は自由意思を使える

状況ではなかったということになります。

4枚目のカード

ソードの8の逆位置

4枚目のカードは、美しい人にとっての対策カードになります。

このタロット占いでソードの8の逆位置は、約束が破られたと

読めますから、対策としては何らかの保険をかける必要がありました。

切り札をとっておくようなしたたかさが必要だったかも知れませんが

真面目に考える美しい人は、切り札として使うべきカードを

相談という形で明け渡していた状況でしたから、約束が履行されるか

どうかも分からないのに美しい人を消した側に従うしかなかったと

思われます。

相談したというのは、過去のタロット占いで引いています。

5枚目のカード

コインのキングの正位置

5枚目のカードは、「最後のドラマに出るように促した側」の

本音部分を表しています。

美しい人の気持ちよりも実際的な利益に注目していますし

何よりも自分自身のやり方に自信を持っています。

美しい人とどのような言葉を交わしたかというよりも

あくまでも自分たちのやり方を通そうとしよう考えています。

どのスートであってもキングが自説や自分自身のやり方を

曲げることはありません。

sponsored link

6枚目のカード

太陽の逆位置

6枚目のカードは、美しい人の深層心理を表しています。

太陽のカードですから美しい人は、自分自身が結果的に

どのような状況に陥ることになるのか理解していたと

言えるかも知れません。

では何故?と思われると思います。

太陽のカードは、顕在意識としてそれまで表にい続けた子供も

それまで裏側に押しやられて裏から世界を見ていたような子供も

同時に扱います。

つまり美しい人は自分自身が期待していることやリスクとして

想定されていることも承知で関わらねばならない気持ちがあった

と読めます。

言い方を変えれば自分自身の独立以外の問題があったという

ことになります。

そう言った意味では、最後のドラマが独立の条件ではなかったと

言えるかも知れません。

タロット占いの問いに対しては、これが答えになりますが

美しい人は、この問題に関しては、スルーと言うか

ここからが饒舌でした。

7枚目のカード

女教皇の逆位置

7枚目のカードは、このタロット占いのまとめ的なものになります。

結論から言えば、女教皇の逆位置ですから、どのような約束が

あったとしてもそれが守られることはなかったと読めます。

そして女教皇ですから自分自身のお金に関してすら美しい人の

眼中になかったと読めます。

「今の美しい人のソードのクイーン(光)」へ

このようなタロット占いを今さらやってみたのは、こちら側の

スピリチュアルな対話能力の問題ですが、同じテーマを一度

聴いた(聞いた、スピリチュアルな対話は音楽みたいなものです)

ところで、その全容を全て把握出来るわけではないので、大切な

ことは、繰り返し聞く価値はあります。

今回スピリチュアルな対話で最も重要なことは、美しい人の

異常な激やせは、「最後のドラマに出るように促した側」の

出した条件だと言うことです。

もちろん、スピリチュアルな対話から得たことですから

真偽の程は分かりませんが、その前提で以下も読んで下さい。

極端なことを言えば下剤みたいなものを飲んででも痩せるように

美しい人に指示した可能性があります。

実際に痩せるためのものとして強制的に何かを服用させた

可能性があります。

重ねて書きますが、あくまでもスピリチュアルな対話に

依るものであって確証はありません。

そしてそれを飲むことでどのような変化が自分自身の体に

起こるのか美しい人は、理解していました。

「最後のドラマに出るように促した側」は、美しい人の性格を

知り抜いていたからでしょう。

それは最初から自死を演出するための役作りだったと

伝えてきています。

適切な解説かどうか分かりませんが、希望を叶えるために

1000万円を働いて用意しなさいと言われたとします。

それを用意すれば美しい人の願いが叶う切符が手に入るとします。

しかし、1000万円を作るまでは、同じ条件で頑張る

必要があります。

美しい人であれば、「最後のドラマに出るように促した側」が

提示した条件に沿って動く必要があったのです。

だから3枚目のカードのソードの2(選びようがない)が

あったのです。

それがあの不健康で急激な激痩せの理由です。

作為的だからこそあれだけ急激に痩せられたのです。

全ては自死に仕立てあげてしまうためでした。

sponsored link
error: Content is protected !!