天外者公開1周年特別上映 と西川貴教さんの言葉(三浦春馬さんの心配)

sponsored link

あるメディアは、三浦春馬さんと竹内結子さんの匂わせ?(タロット占い)

という記事の末尾に

「兄貴のコメント待ちですかね。」と書きました。

遂に天外者に対して西川貴教さんの言葉が頂けました。

西川貴教さんのツイッターからの引用です。

「早いもので映画「#天外者」公開から1年が経とうとしています。

この作品に1人でも多くの方に触れて貰いたいと、五代ゆかりの

大阪商工会議所でも、僕の家族が女性会の皆様に働きかけ

上映会を開催していただけることになりました。僕は僕に出来ることで、

これからも作品に貢献していければと思います。」

以上が西川貴教さんのツイッターからの引用です。

三浦春馬さんの仲間が誰か声を出してくれるだけで三浦春馬さんの

名前は肯定されていきます。

誰が三浦春馬さんの名前を呼んでくれるのか、多くの人が

耳をダンボにして待ってます。

1枚目のカード

力の正位置

1枚目のカードは、2枚目の中心の過去になります。

ここが力のカードということは、西川貴教さんは

自分自身の力で何か(力のカードデザインでは動物)を

覆したはずです。

その努力には、西川貴教さんの家族の協力もあったと

ツイートされていきます。

2枚目のカード

カップの9の逆位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心になるものです。

カップの9の逆位置ですから、そのまま読めば今回の

天外者公開1周年に対する西川貴教さんの尽力や発言は

個人的な動きと読めます。

西川貴教さん独自の気持ちでしょう。

沈黙を指示している存在があるとすれば、このカップの9の

逆位置は、スタンドプレーを意味します。

3枚目のカード

ソードのナイトの逆位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの未来を表しています。

このカードは、三浦春馬さんが未来を夢見て動いていた時に

頻繁に出たカードです。

今回は、未来ではなく西川貴教さんの気持ちをこのカードから

読みたいと思います。

ソードのナイトの逆位置は、

「今までの状況を変えなければいけない」

と読めるカードです。

sponsored link

4枚目のカード

ワンドの1の正位置

4枚目のカードは、西川貴教さんの対策カードになります。

どのスートの1であっても、思い始めただけで先はまったく

分かりません。

実際に「1」の状態は、生き物の卵みたいなものであって

大人まで育つのは、僅かです。

それでもワンド(意志)の1は、挑戦的な気持ちです。

対策カードとしては「やる気」だけです。

しかし下手な策を弄するよりもワンドは、火の元素ですから

直感的に動いたということでしょう。

5枚目のカード

ワンドの7の逆位置

5枚目のカードは、三浦春馬さんの深層心理を表しています。

ここは、スピリチュアルな対話になってしまいましたが

これは、3枚目のカードで三浦春馬さんが孤軍奮闘していた時に

頻繁に出たソードのナイトの逆位置と繋がりがあります。

ワンドの7の逆位置もよく出ていました。

つまり「西川貴教さんの持つ力次第で状況は変わるから

気を付けて下さい。」ということでしょう。

三浦春馬さんは、心配されていきます。

6枚目のカード

死に神の正位置

6枚目のカードは、西川貴教さんの深層心理を表しています。

今までの流れを止めて新しく再生する(死に神)ということでしょう。

今回の天外者公開1周年に寄せた西川貴教さんの言葉は、

西川貴教さんの心意気以外の何ものでもないはずです。

匂わせ系メディアと比較してはいけませんが、西川貴教さんは

動きました。

7枚目のカード

ソードの3の正位置

7枚目のカードは、今回の西川貴教さんのタロット占いのまとめ的な

ものになります。

「3」ですから生産的でありポジティブです。

しかしソードの生産性は取捨選択によって生まれます。

ですから西川貴教さんは、何かを失って何かを得ることで

今回の言動を選択したということになります。

言い方を変えれば、西川貴教さんの今回の言動の背景には

様々な考え方や意見が存在することを表しています。

sponsored link
error: Content is protected !!