美しい人のタロット占い・・・パリピ

「闇の中で呼吸するように上下運動している何か」

の世界を美しい人と共に侵入していくことは

美しい人にとって身体を失った日と切り離し難い問題です。

以下は美しい人を忽然と消した地下水路の扉という記事の

5枚目のカードであるカップのクイーンの逆位置

の解説部分です。

「今回のタロット占いの中心となっている存在と同様にクイーンで

表されています。

つまり何らかの理由で、やはりキングではないということでしょう。

しかし同じクイーンの邪魔は出来るようです。

それでいながら何らかの心配事があって感じなことに踏み込めない

状態ということになります。

美しい人にとっては、敵かも知れません。

イマジネーション的には、まだ始まったばかりなので何となくですが

全てにこの流れが地下水路の如く続いていて美しい人が突然

消えたような消し方が行われたような気がします。」

この5枚目のカードの存在を探していきます。

この存在の尻尾が見えなくなると困るので実は、かなりの

勢いカードを引いています。

忘備録というか自家消費的なタロット占いです。

手応え部分は、アップするほどではありませんが経緯を

残していきます。

1枚目のカード

コインの3の逆位置

目的の利益に対しては、まだまだ到達していないと読めます。

2枚目のカード

カップの4の逆位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心を表しています。

当てにした仲間(カップ)が何かしらミスをしたことでかなり動き難く

なっている(4は停止)と読む事が出来ます。

3枚目のカード

カップのキングの逆位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの延長線上にある因果関係を

表しています。

何かが信用出来なくなって結束を図ろうとしています。

言い方を変えれば裏切りを出さないような意図を徹底するための

脅しでもあるような結束です。

4枚目のカード

コインの7の正位置

4枚目のカードは、対策カードになります。

この流れは、かなりの頻度でコインの7が出ます。

つまり想定しているよりも結果が出ないのです。

本来なら、初心に戻って丁寧な仕事をするべきなのですが

そもそも注射でも何でもするような焦りぶりですから

落ち着くことはありませんし、正しい対策を選択することが

不可能な状態ということになります。

ここまで読んで気が付きましたが偽りのパーティーピーポーです。

面倒なので以下パリピです。

5枚目のカード

ワンドの9の逆位置

パリピの反対勢力と単純には、言えませんが利益を完全に同一に

出来ない流れにある存在の本音部分を5枚目のカードは表しています。

油断できない状況にあるようです。

昨日、この流れは、少し覗きましたがまだまだ力不足です。

そうは、言ってもパリピとはレベルが違う存在であり比較に

ならない力があります。

パリピは、これに相対するような存在の気持ち悪い手の一つに

過ぎません。

6枚目のカード

法王の正位置

安心して動ける状態を得ようとしていると読む事が出来ます。

その手段としては自分たちの主張をどうやって通していくのか

という考えのようです。

パーティーでは、そのことの確認が行われたような感触があります。

7枚目のカード

カップのナイトの逆位置

7枚目のカードは、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

自分たちに不都合なことは忘れたいと普通読みますが、流れを

汲んでまとめると「自分たちに不都合なことは忘れてもらおう」

ということでしょう。

「今の美しい人のソードのクイーン(光)」へ

パリピを占うつもりはなく、その大元の流れである美しい人が

忽然と消えた地下水路を辿ろうとしたら山に飛ばされました。

スピリチュアルな対話は、こちらのエゴの通りには進みません。

sponsored link
error: Content is protected !!