三浦春馬さんのボイトレの先生は、全ての真相を知っているのか(タロット占い)

sponsored link

三浦春馬さんのボイストレーニングの先生である斉藤かおるさんは、

約7年間三浦春馬さんを指導されたと言われています。

三浦春馬さんにとって亡くなるまでの7年間は、とても重要な

意味合いがあります。

もし何か大切なことをご存知なら語って頂きたいと多くの

春友さんたちが願っています。

もちろん、何も知らなければ無理ということになります。

気になりますからタロットカードを引いてみました。

1枚目のカード

ソードのキングの逆位置

1枚目のカードは、2枚目のカードの過去を表しています。

三浦春馬さんは、自分自身の思いをボイストレーニングの先生に

真っ直ぐに向けたと読めます。

もちろん、気持ちを向けたからと言って具体的な内容を

三浦春馬さんが色々と話したとは限りません。

2枚目のカード

恋人の逆位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

恋人のカードですから三浦春馬さんは、自分自身を開くために

ボイストレーニングの先生に出会ったと読めますが、

逆位置ですから大切なことで話せなかったもあるはずです。

しかしだからと言って何も話さなかったということには

なりません。

どんなに親しくても1から10まで話すことは、あり得ません

から当たり前と言えば、それまでの読みですが致し方ありません。

それでも恋人のカードですからボイストレーニングの先生が

何かしら心の一部を開く相手になったと読みます。

3枚目のカード

ワンドのナイトの逆位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の時間ですが

このタロット占いでは、現在よりも過去になります。

ワンドのナイトは、人物カードとしては、何かしら決定する

権利を持っていますが逆位置ですから、やはりボイス

トレーニングに関わることに限定される可能性が

高いと読みます。

言い方を変えればボイストレーニングに関連することであれば

三浦春馬さんの希望や計画をご存知なのでしょう。

sponsored link

4枚目のカード

カップの4の逆位置

4枚目のカードは、ボイストレーニングの先生の対策カードになります。

歌うことやボイストレーニングの先生と過ごす時間が三浦春馬さんに

とって心を明るくしたり、緊張感を強いられる生活環境の中で

オアシスになっていた可能性があります。

対策カードにカップの4の逆位置が出るということは、1枚目の

ソードのキングの逆位置は、やはり追い込まれていることに関する

詳細に関することではなく、その影響からの苦しい感情を

伝えることもあったかも知れないと読めます。

ボイストレーニングの先生は、そういった意味で三浦春馬さんの

気持ちの動きに関しては、事細かに感じていらしたと読めます。

しかし真相が明らかになるような一発逆転に繋がる客観的な事物を

持っている可能性は、低いと読めます。

もちろん、このカードの流れであれば、将来に対する希望等は

ボイストレーニングの先生に語っていたと読めますから決して

鬱ではないとか自死する気は、さらさらなかったとかの証言は

得られるでしょう。

しかしそれはそれで危険かも知れません。

5枚目のカード

死に神の逆位置

5枚目のカードは、三浦春馬さんの深層心理を表しています。

ここで死に神のカードですからボイストレーニングの先生との

関係性を通して三浦春馬さんは、自分自身の状況の中で

何を省き、何を残すべきか決められたと読めます。

しかし逆位置ですからボイストレーニングの先生と生徒という

関係性以上のものを託したとは、読み難いです。

ただし歌、演じることを残す選択がミュージカルとかであれば

どのような計画で、それを目指すとか、言い方を変えれば

いつ事務所を辞めてとか、そういうことは話したかも知れません。

その段取りが明らかになれば、遺書が無かったことに加えて

自死の可能性はほとんど無くなる可能性があります。

6枚目のカード

魔術師の正位置

6枚目のカードは、ボイストレーニングの先生の深層心理を表しています。

魔術師の正位置ですからボイストレーニングの先生は、三浦春馬さんが

様々な整理(死に神のカード)が出来たら新しい出発を果たせると

思っていらしたと思われます。

7枚目のカード

ソードの10の逆位置

7枚目は、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

最後の最後でソードの10の逆位置です。

ボイストレーニングの先生は、三浦春馬さんがとても疲れていると

感じていたと読めます。

sponsored link
error: Content is protected !!