美しい人を守るつもりだったのに守れなかった事情(さんまさんは、美しい人のことを知っていたのか)

本題に入る前にさんまさんは、美しい人のことを知っていたのか

という視点でカードを引いてみましたが、割とまとまったので

これはこれで閉じますが、次のタロット占いがメインでした。

1枚目のカード

コインの4の正位置

1枚目のカードは、2枚目のカードの過去や動機を表しています。

どれくらいの過去で、どの程度か分かりませんが美しい人は、

守られていたと読めます。

2枚目のカード

ワンドの1の逆位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

美しい人は、自らの意思(ワンド)で動きを作りだそう(1)しています。

しかし逆位置ですからなかなか上手くいかないと読めます。

3枚目のカード

コインの2の正位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの未来になります。

色々と偶然が重なったと読むことが出来ます。

コインの2が表す具体的な変化(2)は、美しい人が

コントロール出来ない変化です。

つまり1枚目のコインの4の正位置で美しい人を守っていた

壁みたいな存在が、様々な偶然が重なって美しい人は、

状況に対するコントロールする力を完全に失ったと読めます。

ということは、美しい人を守ろうとしたある人が別の誰かを

庇うことでカードを使い尽くしたと伝えてきています。

4枚目のカード

コインの9の逆位置

4枚目のカードは、美しい人の対策カードになります。

同じところにい続けないことが(コインの9の逆位置)、

ポイントになったと読めます。

5枚目のカード

力の正位置

5枚目のカードは、さんまさんの本音部分を表しています。

美しい人は、自分自身の身に起こっていることを

何とか出来ると思っていたと読めます。

それなりの時期が来るまで美しい人は、本当のリスクに気が

付かなかったと読めます。

6枚目のカード

カップの9の逆位置

6枚目のカードは、美しい人の深層心理を表しています。

ある時点まで何とか無事に○○○を去ることが出来ると

思っていた読めます。

結果的に出来なかったわけですから自信を持ち過ぎていた

(カップの9の逆位置)と読めます。

7枚目のカード

カップの3の逆位置

7枚目のカードは、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

俺(さんまさん)は、良い思いがしたい(カップの3)ということになります。

言い方を変えれば辛い思いは嫌だということになります。

これはさんまさんが自己中心的という意味ではなく普通の感覚という

ことではないでしょうか。

美しい人が関わったようなことには、関わりたくないと言うか

何らかの形でスルーすべきということでしょう。

「今の美しい人のソードのクイーン(光)」へ

さんまさんの7枚目のカードが理由の全てかも知れません。

1枚目のコインの4の正位置で美しい人を守っていた

壁みたいな存在は、美しい人も守ろうとしたけれども、

ある別の誰かを庇うことで手持ちのカードを使い尽くしたと

伝えてきています。

美しい人を守るつもりでいた人は、プリミティブな暴力で

美しい人を守ろうとしたわけではありません。

取引のカードがあったようです。

しかしそれを順番として先に守る人のために使い切ったと

伝えてきています。

「今の美しい人のソードのクイーン(光)」なら3枚目の

コインの2の正位置に介入した偶然性を理解出来ると

思っています。

美しい人「も」守ろうとした人が持っていたカードは、同じ様な

種類のものだったはずです。

美しい人を消した側は、そのことを以前、美しい人も守ろうと

した人が誰かを守った時に知っていて読んでいたと伝えてきています。

だから先手を打たれたようです。

sponsored link
error: Content is protected !!