星占いの質問、誕生日の微妙な太陽星座

星占いに関する質問コメントを頂きました。

「初歩的な質問で申し訳無いのですが、”星占いの本”を読む際、
誕生日の微妙な人っていますよね。

例えば、7/23生まれは、基本的に⭐️蟹座だと思うのですが、

たまーに占う人に寄るのか、⭐️獅子座になっている事が

あるのです。

そういう人は、蟹座と獅子座の占い欄にを両方参考にして、

読むべきでしょうか?

又、I日違いで、そんなにキッパリと”蟹座”・”獅子座”と

分かれてしまうものなのでしょうか?

星座の分かれ目3~4日前後の誕生日の人は、前後する星座の

影響を受けているから、両方見るべき。参考にすべき。

とかありますか?

自分自身が、その様な微妙な日付の誕生日だったので、

子供の頃から疑問を持っていました。

星占いの見方のアドバイスをお願いしたいです。m(_ _)m」

以上が頂いた質問コメントになります。

ここからが、返信になります。

本来、星占いには、正しいホロスコープが必要になります。

正しいホロスコープとは、生年月日だけではなく生まれ時間や

生まれた場所を前提に作る必要があります。

そうでないと正しい内容が計算出来ないのです。

しかしアングルと呼ばれるアセンダント、ディセンダント、

MCやIC、月以外の天体は、生年月日だけでも割合正しく

計算することが出来ます。

割合と断っているのは、やはりサイン(星座)の境目にある人は、

他の天体であっても生年月日だけでは分からない場合があります。

ここから太陽星座

一般的に雑誌や何々占いと書いてある星座は、太陽星座であることが

多いと思います。

太陽星座の解説で何月何日までは何座と書いてありますが、実は

毎年少しずつ異なります。

しかしそれでは、何かと商売上不都合が多いので割愛されています。

このブログでもそろそろ太陽が何座に入りますとか、金星が何座に

入りましたとかツイートすることがあります。

実は、生年月日がいつだから何座というよりも、正しい理屈としては

生まれた時の生年月日の時間に太陽が何座の何度にいたのかと

いうことなのです。

つまり誕生日を根拠に何座というよりも、その時の実際の太陽の

運行の問題なのです。

それを根拠していますから、ある時間を境に厳密にサイン(何座)は、

分かれていきます。

例えば俳優の三浦春馬さんのアセンダントは、射手座の29度台です。

あと数分遅く生まれたらアセンダント山羊座になってしまいます。

アセンダントと太陽は、当然異なりますがとても重要なポイント

(感受点)ですから、これを間違うと大変です。

太陽星座が隣のサイン(星座)と分かり難い場合も同じように

あるサイン(星座)の終わりとあるサイン(星座)の境目付近にある

ということは、あるサイン(星座)の29度の可能性があります。

どのようなサイン(星座)であっても29度の人は、注意が必要です。

それぞれの内容に関しては、サビアン度数30度を参考にして下さい。

番外編

質問コメントの終わりに

「星座の分かれ目3~4日前後の誕生日の人は、前後する星座の

影響を受けているから、両方見るべき。参考にすべき。

とかありますか?」とあります。

サビアン度数の流れで考えると影響のようなものは、ありますが

サビアン占星術と自分自身の太陽が何座ということは、いったん

完全に切り分けて理解されるのが正しいです。

実際に運行する太陽が、どのサイン(星座)に入ったかどうかの問題

なので、二つの太陽星座の解説を参考にするのは、間違いになります。

sponsored link
error: Content is protected !!