三浦春馬さんの素晴らしいエピソードや温かいお話(世界中の三浦春馬さんのファンの力を集めたい)-2

学級新聞「1年春馬組」(世界中の三浦春馬さんのファンの力を集めたい)

には、三浦春馬さんの素晴らしいエピソードや温かいお話も

載せられたらと思っています。

まだまだですが春友さんに教えて頂きながら少しまとめてみました。

これらも英訳出来たらと思います。

今回記事に書いたものよりも沢山の三浦春馬さんの素晴らしい

エピソードがあると思います。

そのようなことは、どれだけ広めても大丈夫ですしとても笑顔になれます。

三浦春馬さんのバーテックスは、太陽とトラインですから

ナチュラルに人を引っ張るタイプの人です。

このようなアスペクトを持つ人は仲間を庇うことが多く

正直で物事を正面から受けて立つ傾向がありますから

望むと望まざると輪の中心に立ち易くなります。

三浦春馬さんの木星は、セレスとコンジャンクションですから

物事を明るく考える傾向があります。

1から21は、こちらです(日本語のみ)。

22、福島県郡山にて映画ごくせん撮影時にボーリング場で

一般の方が三浦春馬さんに出会ったそうです。

三浦春馬さんが快く握手をして下さってとても好印象

だったそうです。

23、ドストエフスキーの名作「罪と罰」を、「地獄のオルフェウス」で

日本での演出家デビューを華々しく飾り成功を収めた気鋭の英国人

演出家フィリップ・ブリーンが舞台化しました。

演出家フィリップ・ブリーンが「地獄のオルフェウス」で

一緒に仕事をした三浦春馬さんを以下のように評しています。

「彼の仕事への姿勢は並外れたものでした。

常に向上しようと努力していました。

仕事で出会う著名人の中には全てを理解していると考える人が大勢います。

しかし彼には”常に学びたい” “上達したい”という姿勢があり

私にはそれがとても印象的でした。」

三浦春馬さんの優しさが多く人を太陽のように照らすのは、物事に

本気で取り組む時の姿勢が輝いているからだと思います。

今回の罪と罰の舞台も演出家フィリップ・ブリーンから

「世界中どこを探しても彼の他には考えられない」言われたそうです。

三浦春馬さんは、それほど絶大な信頼を得ていました。

24、男性が新幹線の車中で大きな荷物を荷物棚に乗せようとして

苦労していた時、三浦春馬さんが荷物を持ち上げるのを手伝って

下さったことがあるそうです。

もちろん、この男性と三浦春馬さんは、面識はありません。

25、握手会で婚約を破棄され仕事もうまくいかなくなった女性が

三浦春馬さんに「頑張ってと言ってくれますか?」と

お願いしたそうです。

これから頑張っていく勇気が欲しかったのでしょう。

三浦春馬さんは、女性のCDを持つ手に手を重ねて握り、

女性の背丈に合わせて腰を折って目を見ながら

「頑張って、頑張ろうね」と言って下さったそうです。

26、三浦春馬さんの握手会での出来事です。

三浦春馬さんは、ファンの手首のリストカット跡に気付き

驚いたそうです。

しかし直ぐに小声で「痛かったね」とその傷跡を包み込んで

くれたこともあったそうです。

お知らせ

三浦春馬さんの素晴らしいところは、沢山あります。

少しずつ世界へ届くと嬉しいです。

情報提供・・・はっぴーさん、ありがとうございます。

sponsored link
error: Content is protected !!