美しい人がキンキーを降りるしかなかった理由

sponsored link

美しい人がキンキーブーツを奪われた理由の続きタロットです。

1枚目のカード

ワンドの2の正位置

1枚目のカードは、2枚目のカードの過去や動機になります。

ワンドの2の正位置ですから積極的に権利の拡大を欲していた

個人若しくは法人がいたということになります。

2枚目のカード

ソードの9の逆位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

ソードの9は、自分自身の信念(ソードの1から8の従った結果であり

特に直近のソードの8の信念)の結果を引き受けることになります。

言い方を変えればそれまでの選択の結果の責任を取るようなものです。

もちろん、責任と言っても善悪の問題ではなく、太平洋の真ん中から

日本まで泳ぐのが無理なのと同じで状況次第で変わる責任です。

3枚目のカード

カップのキングの逆位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の事象を表しています。

カップのキングの逆位置ですから、感情(カップ)のコントロールが

配下の者に影響しますが、バランスを欠いています。

好きな人には、特別な計らいをしますが、そうでない人は

その逆を行うような人物像です。

そのような人物が関わったということになります。

4枚目のカード

コインのキングの正位置

4枚目のカードは、3枚目のカードの依怙贔屓した人物の

対策カードになります。

コインのキングですから、それまでの実績を信じていたと読めます。

これは、タロット占いの普通の読み方です。

5枚目のカード

カップのペイジの正位置

5枚目のカードは、美しい人の深層心理を表しています。

誰かに対して繊細に調子を合わせ続けたと読めるでしょう。

ペイジですから権力はありませんが相手を失望させずに

立ち振る舞うことは上手です。

ペイジの調子を合わせる信頼感の低さは、本来は悪ではなく

相手の望むように合わせ続けるからです。

人間関係を安定させることが目的なります。

3枚目のカードに登場した人物であるカップのキングの逆位置

(依怙贔屓する人物)と何らかの取引が必要だったということになります。

結果的に重要な事実がスポイルされることがあるのが

カップのペイジです。

それがキンキーブーツを失ったことと繋がるのかも知れません。

何と取引したのでしょうか?

これだけでは、名前の使用不可が契約破棄させられた理由なのか、

他に取引があったのかは分かりません。

6枚目のカード

節制の正位置

5枚目のカードは、3枚目のカードに登場した人物である

カップのキングの逆位置の本音部分を表しています。

自分自身の思い通りに状況を動かせているということでしょう。

これは、美しい人を上手く外せたとしか読めません。

7枚目のカード

カップのナイトの正位置

7枚目のカードは、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

これはもう穏やかなカップのナイトが隠し持っている高い望みという

ことでしょう。

美しい人を巧みに外して状況をコントロールしたということになります。

7月15日以前に全てが決まっていた。

契約を降りる意思だけが白紙委任状とセットのような

形で残されていいて3枚目のカードの存在に一任されていたという

可能性もあるでしょう。

「今の美しい人のソードのクイーン(光)」へ

そのままです。

カードを読む以下でも以上でもありません。

sponsored link
error: Content is protected !!