美しい人が最後に行なった取引は、全てを活かして未来に向かうため

7月15日以前に全てが決まっていた。

契約を降りる意思だけが白紙委任状とセットのような

形で残されていいて

美しい人がキンキーを降りるしかなかった理由

で現れた存在に一任されていたら、全てを代理して

交渉を行う権利があります。

1枚目のカード

コインの7の正位置

1枚目のカードは、2枚目のカードの過去や動機になります。

美しい人が思い描いていた成果に対して思ったほど

届かなかったと読むことが出来ます。

その原因は、努力以外の要素が働くことが多いのが

コインの7の正位置です。

美しい人は、自分自身で出来る限りのことを行なったから

コインの7なのです。

7は、大アルカナで言えば徹底的にやり抜く戦車のカードになります。

2枚目のカード

ソードの6の逆位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

美しい人の悩みを解決する方法が見つからなかった

ということになります。

3枚目のカード

カップの4の正位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの未来を表しています。

自分自身の能力とバランスが合わない仕事に参加したと

読めますが、このタロット占いの流れ(キンキー続き)を無視して

カードだけで読むと何も仕事だとは限りません。

このカップの4は、美しい人自身が願ったものでないことを

与えられて停止(4)と読むのが直訳になります。

7月15日以前か直近にそれが決まっていたと読めます。

4枚目のカード

月の逆位置

4枚目のカードは、美しい人の対策カードになります。

もしこれまでの流れの通りであれば誰にも見えない池の底で

美しい人の何かが決まったと読めます。

それに基づいて美しい人は行動するしかなかった

ということでしょう。

誰が決めたかが、リンク記事の3枚目のカードの存在でしょう。

5枚目のカード

コインの8の逆位置

5枚目のカードは、「リンク記事の3枚目のカードのカップの

キングの逆位置です。

カップのキングの逆位置ですから、感情(カップ)のコントロールが

配下の者に影響しますが、バランスを欠いています。

好きな人には、特別な計らいをしますが、そうでない人は

その逆を行うような人物像です。」と書きました。

このような存在の本音部分を表しています。

コツコツとこのチャンス(機会)を作って来た(コインの8の

逆位置)と読めます。

コインの8の逆位置ですからかなり慎重にことを進めていたでしょう。

6枚目のカード

ソードの9の正位置

6枚目のカードは、美しい人の深層心理を表しています。

ソードの9の正位置ですから、何かしら信念に従うしかないような

ことがあったのです。

これまでの取捨選択の総和ですから逃れようがありません。

普通に読めば上手くいかずにかなり落ち込んでいる状態ですが

前述のように信念の結果ですから因果関係は、理解されていたと

思われます。

7枚目のカード

コインのキングの正位置

7枚目のカードは、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

この流れからコインのキングの正位置を読めば、今は諦めて

より大きな場へ出ていく自信は、あったと読めます。

言い方を変えれば、美しい人は前に進むために何らかの形で

取引をしたということになります。

取りあえずリンク記事の答えが出ました。

リンク記事の5枚目のカードに

「これだけでは、名前の使用不可が契約破棄させられた理由なのか、

他に取引があったのかは分かりません。」

と書きました。

消極的な理由ではなく前進するために、全てを前進させるために

取引に応じたと読みます。

「今の美しい人のソードのクイーン(光)」へ

やはり未来を生きるつもりでした。

そのために最も諦めたくないものを捨てさせられたということになります。

sponsored link
error: Content is protected !!