美しい人は、浴びるように何かを飲むような時期があったのか

記事タイトルの答えは、最後になります。

まとめに書きましたが、このタロット占い記事は、

結論に至るまでの内容が重要です。

1枚目のカード

ソードの3の正位置

1枚目のカードは、2枚目のカードの過去や動機を表しています。

「3」は、大アルカナで言えば女帝であり生産性を意味します。

ソードの3になると風の元素限定の生産性の発揮ですから

何かを選択することが生産性アップの秘訣になります。

ポジティブに捉えれば選択するという表現になりますが

ネガティブに捉えれば何かを断念することでもあります。

ソードは、知性でもあります。

前に進むために理性で何かを断念するだけです。

問題は、その断念が容易いものなのか、けっこう辛いものなのか

はたまた技術的に難しいのかということです。

2枚目のカード

皇帝の逆位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

皇帝のカードは、拡大の情熱で前進していきますが

逆位置ですから、それが出来ない要因を抱えているという

ことが理解出来ます。

3枚目のカード

月の逆位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の時間ですが

今回のタロット占いでは、明らかに私たちから見たら

過去になります。

月のカードですから2枚目のカードの皇帝は、それまで

手を出さなかったような領域にまで拡大していこうと

していますが、ここまで読んで「あれっ?」となりました。

月の逆位置は、ポジティブになれば裏取引です。

ネガティブならば現実逃避みたいな状態です。

1枚目のカードがソードの3の正位置ですから生産性を

あげることが元々の始まりですからポジティブな選択をすると

読みました。

美しい人が裏取引をするでしょうか?

月のカードの裏取引は、池の底からザリガニが出て来るくらい

とても闇が深いものがあります。

そうなるとこのタロット占いの主体は、ここ最近出て来る

存在になってきます。

「美しい人をご褒美と思っている存在」。

4枚目のカード

ワンドの3の逆位置

4枚目のカードは、そうなると美しい人を自分のご褒美と

思っている存在です。

協力者を募り始めた(ワンドの3の逆位置)です。

言い方を変えれば美しい人は、「美しい人をご褒美と

思っている存在」よりもはるかに多くの関係者に評価

されていたということです。

それを覆して「美しい人をご褒美と思っている存在」の

望むようにするには、かなりの協力者や普通ではない

手段が想定をはるかに超えて必要だと悟ったのです。

5枚目のカード

カップの2の逆位置

そうなると(4枚目のカード)5枚目のカードは、美しい人の

深層心理を表す内容になります。

カップの2の逆位置は、一般的な仕事読みでは、プレゼンして

良い雰囲気で帰社してクロージングまでもう少しだ思いながら

上司に「○○先は、堅いですから」なんて報告した後に

コーヒーでも飲んでいたら、先方からややこしい連絡が

携帯電話にかかってきて最終的に見込みAランクの契約が

流れたみたいな感じになります。

深層心理としては、かなりやきもきする感じになります。

6枚目のカード

力の正位置

6枚目のカードは、「美しい人をご褒美と思っている存在」の

深層心理を表しています。

力の正位置ですから、「美しい人をご褒美と思っている存在」は

かなり難しいことをやってのけようとしていました。

今までの業界での常識では、ちょっとあり得ないことです(力のカード)。

力のカードは、本能を抑え込むという解釈が多いのですが

この本能が何に当たるかですが1枚目のカードから5枚目のカードを

考慮すると契約を与えてくれる側に逆オファーという立場上

あり得ないことをやったということでしょう。

一方的に契約してもらう側、仕事をもらう側から何かをオファー

するくらい強い中身の変更をするということです。

仕事が出来る人は、提案型ですが力のカードが抑え込むものは

もっと根本的なものです。

デザインの動物は、本能を表していますが仕事の本能レベルです。

最低限の顧客との関係性みたいな部分ではないでしょうか。

控え目に言っても業界のルール、常識くらいの部分でしょう。

7枚目のカード

ソードの10の正位置

7枚目のカードは、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

取捨選択の最終的な形です。

その内容は、6枚目のカードで書きました。

まとめ

記事タイトルの「美しい人は、浴びるように何かを飲むような

時期があったのか」については4枚目のカードワンドの3の逆位置から

特に理解出来るように6枚目のカードで読んだような内容を実現

するために流布されたものか、そういう状況を1度か2度作った

程度でしょう。

「今の美しい人のソードのクイーン(光)」へ

4枚目のカードの繰り返しですが、美しい人は、

「美しい人をご褒美と思っている存在」よりも

はるかに多くの関係者に評価されていたということです。

それを覆して「美しい人をご褒美と思っている存在」の

望むようにするには、かなりの協力者や普通ではない

手段が想定をはるかに超えて必要だと悟って、そこから

実際に加速度的に追い込みを強めていったのです。

sponsored link
error: Content is protected !!