美しい人の過去映像を断る理由と美しい人の真相を引き出す美しい人に会いたい気持ち

美しい人の映像が放送されたり円盤化されても、その収益の行先は

決まっています。

それなのに、放送や円盤化を断るのは何故でしょうね。

気になってカードを引いてみました。

そしたら意外な発見がありました。

1枚目のカード

カップの8の逆位置

1枚目のカードは、2枚目のカードの過去や動機を表しています。

カップ(気持ち)の圧縮(8)は、簡単に言えば、我慢している状態です。

目的があって我慢しているならば力にもなりますが、逆位置ですから

一般的には、ポジティブな我慢ではありません。

気持ちとしては、嫌気が差している状態です。

2枚目のカード

ワンドの7の逆位置

2枚目のカードは、このタロット占い中心となるものです。

ワンドの7は、何かを簡単に言えば受けて立つ状態です。

逆位置はですから何かを受けて立つのが面倒ということになりますが

このタロット占いのテーマは、受けると利益になる行為です。

しかもニーズもあります。

3枚目のカード

ソードのクイーンの正位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の時間を表しています。

ソードのクイーンをこの流れで読むのは、一見難しく思える

気もしますが、ソードという小アルカナは、風の元素ですから

それが機能する際には、白黒つけて何らかの形で判断する

必要があります。

ところが人物は、受容性のクイーンです。

ソードのクイーン自体の影響力は、ありますが自分自身では

結論を出さないということかも知れません。

言い方を変えれば他の存在がOKを出すのを待っている

ということになります。

クイーンに指示を出せるのは、キングですから美しい人の過去の

仕事から発生する収益に関して口を挟める存在がいることになります。

4枚目のカード

カップの7の正位置

4枚目のカードは、美しい人の映像が放送されたり円盤化された利益を

手にする存在の対策カードになります。

カップの7の正位置ですから現実を直視することです。

経済的な利益よりも考慮すべき何かがあるという認識を持っている

ことになります。

それは、美しい人の映像が放送されたり円盤化された利益を手にする

存在自体か、その存在に何らかの理由で口出し出来る存在です。

5枚目のカード

カップのナイトの正位置

5枚目のカードは、

美しい人の映像が放送されたり円盤化されたものを購入したい

人たちの深層心理を表しています。

美しい人自体がカップのナイトと書くと言葉遊びになりますが

真面目に言えばロマンチックな気分に浸りたいのです。

もっと言えば美しい人に会いたいのです。

6枚目のカード

コインのナイトの正位置

1、6枚目のカードは、美しい人の映像が放送されたり円盤化された

利益を手にする存在の本音部分を表しています。

やはり儲けたいようです。

しかし美しい人の映像の放送や円盤化は、慎重にならざるを得ない

ということでしょう。

2、6枚目のカードは、もう一つの存在も重なっているはずです。

美しい人の映像が放送されたり円盤化された利益を手にする存在に

何らかの理由で指示している存在の本音部分を表しています。

様々な思惑があるようです。

イマジネーションとしては、美しい人の映像が放送されたり

円盤化された利益を手にする存在を利用するアイデアかも

知れません。

7枚目のカード

塔の正位置

7枚目のカードは、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

この流れで塔のカードは、とても読み易いですが、そのような場合は

注意が必要です。

取り敢えず流れに沿って読み易くいきます。

塔のカードですから何者(雷)かが塔を破壊して壁という守りを崩そうと

する様子ですが、

美しい人の映像が放送されたり円盤化された利益を手にする存在は、

塔を守りたい側で美しい人に会いたい人たちは雷なのかも知れません。

美しい人の映像を通して会いたいという気持ちが、美しい人の映像が

放送されたり円盤化された利益を手にする存在の恐れを刺激するのでしょう。

壁を破壊されることは怖いものです。

組織が崩壊して真実が飛び出すからです。

言い方を変えれば塔のカードの壁は、権威です。

塔のカードの塔の崩壊は、見えますが組織の崩壊は実際に見えるわけでは

ありません。

機能しなくなるだけです。

多くの人に対する内面への影響を考慮すると、美しい人の映像は、

それを見た人たちの心から塔を破壊する雷を引き出すからだと読みました。

「今の美しい人のソードのクイーン(光)」へ

もしかしたら私たちの美しい人を愛する気持ちが塔のカードの雷

なのかも知れません。

北風と太陽みたいな方法もありかも知れません。

sponsored link
error: Content is protected !!