美しい人のお金を増やしながら、それを収穫する方法

1枚目のカード

コインの3の正位置

1枚目のカードは、2枚目のカードの過去や動機を表わしています。

実際的な仕事(コイン)の生産性(3)が動機だったと読めます。

土の元素ですから美しい人が無からアイデアを出して何かした

というわけではなくどこからか引き継いで生産性を上げていったと

考えると、よりコインの3の正位置の意味するものに近くなります。

2枚目のカード

ワンドの10の正位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

この生産性に関しては美しい人は、常に高いレベルの仕事を

要求されたとも読めるのですがイマジネーションと合わせると

美しい人にとっては、コントロールするには負担な内容

(ワンドの10)と読んだ方が良いと思います。

突っ込んだ言い方を変えれば美しい人は、個人事務所の

運営を自分自身で行っていなかった可能性があります。

3枚目のカード

ソードの7の正位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の時間を表わしています。

ソードの7の正位置ですから2枚目のカードで美しい人が

蓄えたものは、すべて使い尽くされたと読めますが、問題は

蓄えた内容です。

これまでの美しい人のタロット占いの流れを見ていくと美しい人

自身まで2枚目のカードのワンドの10の範囲に込められている

可能性があります。

4枚目のカード

ワンドの2の正位置

4枚目のカードは、美しい人の対策カードになります。

美しい人が何らかの争いを起こす(ワンドの2)と読めますが

3枚目のカード辺りから感じていた違和感を修正すると

美しい人の個人事務所は、美しい人の意思ではないかも

知れません。

美しい人は、休む間もなく演技に関することに打ち込んでいたのに

事務所の運営が負担(2枚目のワンドの10のカード)になるほど、

それに対してコミットしていたとは思えません。

それとも、このワンドの2は、美しい人の改姓手続きのことを

意味しているでしょうか。

しかしこれまでの流れを前提にすると美しい人に個人の事務所を

設置させた側の対策カードかも知れません。

そうだとすると1枚目のカードから3枚目のカードも美しい人ではなく

個人事務所を設置させた側のカードになります。

5枚目のカード

ソードの3の正位置

5枚目のカードは、4枚目のカードでの修正を考慮すると美しい人の

本能部分になります。

これこそ美しい人が自分自身を分離させて人生の生産性を上げようとした

独立や改正手続きかも知れません。

6枚目のカード

運命の輪の正位置

そうなるとこの6枚目の運命の輪の正位置は、美しい人に事務所を

設置させた側の本音部分を表わしています。

お金の流れが良いとか、多くのお金が入って来る(運命の輪の正位置)と

読むことが出来ます。

つまりこのお金に興味があるということでしょう。

7枚目のカード

ワンドの3の正位置

7枚目のカードは、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

ワンドの3の正位置ですから未来に対する創造性、発展性を表しています。

3枚目のカードがソードの7の正位置で発展したり生産性があがる

(ワンドの3の正位置)出来るのは、個人事務所を設置した側か

美しい人以外の人物になります。

この理由は簡単です。

亡くなってしまえば貨幣は不要だからです。

1枚目のカードがコインの3の正位置であり引き継いだ内容が

他人の手で使い尽くされる(3枚目のソードの7)です。

しかもイマジネーション的には美しい人もしっかりとその中に

入っています。

もしかしたら個人事務所の代表としての美しい人に何らかの

リスクヘッジがなされていたかも知れません。

そしてそれを行ったのは、美しい人ではなく美しい人に事務所を

設置させた側可能性があります。

「今の美しい人のソードのクイーン(光)」へ

美しい人は、ありとあらゆる角度から換金出来る仕組みがあった

かも知れません。

そのような角度から改姓手続きを読むと繋がることがいっぱい

出て来るかも知れません。

亡くなる期日を決められていたことを前提に読むと、ソードの7は

そのようにしか読めないと思います。

sponsored link
error: Content is protected !!