三浦春馬さんは、7月18日の午前4時には既に亡くなっていたのか?

sponsored link

1枚目のカード

コインのキングの逆位置

1枚目のカードは、2枚目のカードの過去や動機を表しています。

1枚目のカードから既に三浦春馬さんは、かなり(逆位置)

疲れていたと(コインのキング)読めます。

様々な負担の限界に来ているようです。

2枚目のカード

死に神の正位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

無駄なものを排して再生のチャンスを狙いました。

3枚目のカード

世界の正位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の時間を表しています。

願いを手にしたという読み方が出来ます。

2枚目のカードが死に神の正位置ですから、何かを手放したことが

原因だったようです。

世界のカードは、地上的な偏りがなく宙に浮いています。

現実との接点が切れたカードです。

全てを手にしたとも読めます。

世界は、完結した状態を表すカードです。

これを人生の完結と読むことになります。

4枚目のカード

ソードの4の正位置

4枚目のカードは、三浦春馬さんの対策カードになります。

兎に角、疲れていたし大きな不安を抱えていた(ソードの4の

正位置)ですから、対策カードとしては「休憩する」という

ことでしょう。

5枚目のカード

ソードの8の正位置

5枚目のカードは、三浦春馬さんが亡くなる前の気持ちを

表しています。

信念に従ったということでしょう。

6枚目のカード

カップのクイーンの逆位置

6枚目のカードは、亡くなった直後の三浦春馬さんの

気持ちを表しています。

あまりにも理不尽であり、悲しいと感じていたようです。

7枚目のカード

ワンドのナイトの逆位置

7枚目のカードは、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

全体的に生き急いでしまったとも読めますが、果たしてこのワンドの

ナイトの逆位置は、三浦春馬さん自身のことなのか?という感じがします。

暴力を振るわれた(ワンドのナイトの逆位置)ということかも知れません。

三浦春馬さんの名前で理由の深掘りは、出来ませんが時間軸の最終が世界の

カード(3枚目のカード)ですから、既に人生を完成(終えていた)と

質問に対するストレートな答えとして受け入れて良いのかも知れません。

sponsored link
error: Content is protected !!