美しい人の死は、メディアでどのようにコントロールされたのか?(タロット占い)

美しい人が亡くなる予定を多く人やメディアが共有していたのか?

というタロット占いを行いましたが、もっと本質的なことを

読まされた気がします。

1枚目のカード

コインの4の逆位置

1枚目のカードは、2枚目のカードの過去や動機を表しています。

小アルカナのコインは、既に存在する具体的な何かについて

語られているカードです。

タロットカードの「4」は、基本的により大きな何かに

繋がっていくための停止ですが、小アルカナのコインだけが

具体的なことに限定されているので、そのような伸びが

期待出来ません。

コインの1からコインの3までに発展させて来た具体的なことを

守る(4)、コントロールする(4)ということになります。

2枚目のカード

節制の逆位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

節制のカードですから一つの内容、ある内容の器だけが

入れ替えられて再生されようとしています。

過去に起こったことですから、そのような働きが起こった

ということです。

逆位置ですから、節制のカードの浄化作用が働かずに

過剰だったり、滞っていたりしています。

節制のカードの移し替え(再生)は、その人(法人格を含む)の

中で起こることですから、過剰であったり、滞るのは、

何かしら誤りや違和感、誠実ではない何かが入り込んだり

関わったりするような感じになります。

浄化されるはずなのに何かしら異物が混入してしまうような

イメージで考えると発見や気付きがあるかも知れません。

3枚目のカード

正義の正位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の時間を表しています。

2枚目の節制のカードの再生に関して、何らかの形で合意が

為された(正義のカード)と読むことが出来ます。

2枚目の節制のカードデザインの二つの花瓶は、その存在の

ものであって他者ではありませんが、3枚目の正義のカードで

合意した存在(たち)自体が実は一つの存在であって浄化作用の

働きが起こったように読めます。

しかもこの3枚目の正義のカードで内容物(2枚目の節制のカード)は

凝縮されて(8)正しい形になっていきます。

正義のカードは、密閉(8)されていますから外に漏れることはない

性質を持っています。

4枚目のカード

カップのクイーンの逆位置

4枚目のカードは、美しい人の死に関わることを報道した存在たちの

対策カードになります。

カップのクイーンの逆位置ですからとてもセンシティブな問題で

あることを表しています。

その対策カードですから多くの存在と合意の上で行うことが

大切になります。

一般的な悩みでカップのクイーンの逆位置を引いたら、一人で

突っ走っていかずに仲間や関わる相手の協力を取り付けることが

ポイントになります。

5枚目のカード

塔の逆位置

5枚目のカードは、美しい人の深層心理を表しています。

この時、既に亡くなっていたかも知れません。

先ずは、このタロット占いの流れとしてのカードの読みですが

3枚目の正義のカードで決められたことが美しい人に関わる

真相(塔のカードの塔を雷で破壊する)を変化させたと読めます。

個人や法人問わず信頼出来ない(塔の逆位置)と読むことが出来ます。

塔は生き方そのものに強い衝撃を与えることを表している

カードになります。

6枚目のカード

月の正位置

美しい人の死を伝えた様々な組織側の本音部分を表しています。

先ずこのタロット占いの流れを読みます。

本来の事実を破壊(塔のカード)したことで、月のカードが意味する

ような無意識の世界を彷徨うような状態になります。

一般的な事例であれば真実を捻じ曲げたことで正しい着地点が

見えずに言動が揺れ続けているような状態です。

本音部分としての月の正位置は、無意識レベル(月のカード)の

ことですから責任は、持てないということです。

ドラマや漫画の夢落ちみたいなものであって、自分自身で

行ったことを自分で判断出来ない(月の正位置)ということになります。

7枚目のカード

コインのクイーンの正位置

7枚目のカードは、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

コインは、一番ぶれの少ない小アルカナのスートです。

人間で言えば堅実な方針で生きるタイプの人です。

ですから現実的な安定を優先したと読めます。

「今の美しい人のソードのクイーン(光)」へ

それぞれが異なる存在のように思えますが、全体で一つと言えるような

存在なのでしょう。

節制のカードは、外側に向かって働きかける内容ではなく、あくまでも

内側で起こっていることです。

もしかしたら全ての情報が何らかの形で浄化(節制のカード)されて

伝えられているのかも知れません。

少なくともそれぞれの意思ではなく全体で機能している部分が

あることが読み取れましたし、それが出来る働きを持った存在が

いることが恐ろしいです。

sponsored link
error: Content is protected !!