神田沙也加さんの死に不可解な要素はないのか(タロット占い)

sponsored link

神田沙也加さんの件が去年から連続する不可解な死と何かしら

繋がりがあるのかカードを引いてみました。

1枚目のカード

ソードのナイトの正位置

1枚目のカードは、2枚目のカードの過去や動機を表しています。

ソード(知性、判断)が活発に動く状態(ナイト)ですから、何らかの

決断若しくは策が背景にあります。

2枚目のカード

の正位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

何らかの正しいと信じていることが崩壊した状態です。

しかしこれは、悪ではなく次のステップに向かうために

必要な事です。

大切なことは、壊れたことではなく再生に向かうプロセスに

入っていけるかどうかです。

塔の正位置は、それまでの壁(自分を守ってきた何か)が

壊れる現象(塔に雷が落ちる)が伴います。

それは、一言で言えば何らかのトラブルです。

これは正位置でも逆位置でも同じです。

そう言った意味では、単独で解釈するよりカード全体の

流れが大切です。

3枚目のカード

ソードの3の正位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の時間を表しています。

先に進むため(生産性をあげるために)には、何かを妥協するのが

ソード(分離)の3(生産性)です。

言い方を変えれば、妥協出来なければ先の時間(未来)は、

やって来ないということになります。

4枚目のカード

世界の正位置

4枚目のカードは、神田沙也加さんの対策カードになります。

2枚目のカードが塔の正位置ですから、自分自身を守っていた

何か(制限していたという側面もあります)から自由になれれば、

全てが手に入ると読めます。

3枚目のカードでは、未来に向かうには、何らかの妥協が

必要(ソードの3の正位置)と出ています。

世界のカードは、完成された状態(ゴール)です。

何らかのトラブルを乗り越えるために妥協出来ていれば

望んでいた物事は達成されたと読めます。

個人的な問題であれば自分自身の能力をどのように

用いるかということが対策になりますし、人間関係であれば

関係者と協力することが大切になります。

5枚目のカード

女帝の正位置

5枚目のカードは、神田沙也加さんが妥協出来れば、今回のような

結果にならなかったかも知れない背景です。

女帝の正位置ですから自分自身が行ったことに関する満足を

感じていることになります。

神田沙也加さんに好意がある人であれば、今回のタロット占いで

女帝の正位置は、出ません。

いったいどのようなことに対して満足を感じているのか、

それによってこの人物の立場が見えてくるはずです。

6枚目のカード

カップのキングの正位置

6枚目のカードは、神田沙也加さんの深層心理を表しています。

このタロット占いの中心となる2枚目のカードは、塔ですから

何らかのトラブルがあったかも知れませんが、それで心が

乱されるようなことはなかったと読めます。

7枚目のカード

ソードのキングの逆位置

7枚目のカードは、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

ソードのキングの逆位置ですから神田沙也加さんは、自分自身の考えや

判断にかなり自信があったと読むことが出来ます。

だから3枚目のソードの3の正位置で妥協しなかったと読めます。

その結果、亡くなったと読めます。

非常に繊細な問題なので、カード解説だけにとどめておきます。

結論は、読んで下さった方々に委ねます。

神田沙也加さんの突然の死と第12ハウスの月とささやかな疑問(タロット占い)

神田沙也加さんの死が匂わせと関係あるのか?(タロット占い)

神田沙也加さんの周囲にいたかも知れない神田沙也加さんを見続けていた存在(タロット占い)

神田沙也加さんが亡くなった時に働いた何らかの作用

sponsored link
error: Content is protected !!