神田沙也加さんが亡くなった時に働いた何らかの作用

1枚目のカード

恋人の正位置

1枚目のカードは、2枚目のカードの過去や動機を表しています。

恋人のカードですから呼応した相手が潜在的な何かを引っ張り

出そうとしていますが、それが良いものか悪いものなのかは

分かりません。

神田沙也加さんの中にあるものと呼応するわけですから

神田沙也加さんの中にある間は、悪いものではありませんが

それを引き出した相手がどういうつもりかは、別です。

2枚目のカード

ワンドの1の正位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

ワンドの1のカードでしかも正位置ですから、そこには

強い主張があります。

もちろん「1」ですから誰かに否定されて消されてしまうかも

知れません。

今回のタロット占いのテーマは、明確に書くことが出来ない

ものですが「美しい人のタロット占い」とも繋がりがあるので

避けて通れないものです。

このカードを単純と言うか表面的に読めば仕事に対する意欲と

読めます。

実際に初日を迎えるわけですから初日特有のプレッシャーや不安と

バランスが取れるだけのやる気があったと読めます。

しかしもう一つ読み取れることがあります。

1枚目の恋人のカードと呼応する存在です。

それは、神田沙也加さんだけではなく周囲のほとんどの人からも

気付かれない存在です。

火の元素の1は、占星術的に言えば牡羊座の1度です。

「生きていても良いですか?」と他人に聞いたら駄目なのです。

何が何でもがむしゃらに存在を明確にしていく必要があります。

神田沙也加さんの周囲のほとんどの人も知らない意思(ワンド)が

呼び出された(恋人のカード)と読めます。

3枚目のカード

ソードの7の逆位置

3枚目のカードは、このタロット占いの先の時間を表しています。

1枚目の恋人のカードが呼び出した相手は、過去、現在の先、

神田沙也加さんがホテルに入った次の日(3枚目のカード)は、

短いスパンですがソードの7の逆位置(信用出来ない存在)に

なったと読むことが出来ます。

4枚目のカード

死に神の逆位置

4枚目のカードは、神田沙也加さんの対策カードと

1枚目の恋人のカードが呼び出した存在の対策カードとして読みます。

奇妙に思われるかも知れませんが、もちろんその働きは別です。

死に神カードですから、過去にあった何かを片付けるために

やって来た存在です。

1枚目の恋人のカードが呼び出した存在は、そのまま何かを

片付けることが対策です。

神田沙也加さんの対策カードとしては、関わらないことです。

5枚目のカード

ソードの5の逆位置

5枚目のカードは、1枚目の恋人のカードが呼び出した存在の

本音部分を表しています。

ソードの5の逆位置の一般的な読み方で恐縮ですが

露見しなければ良いと読むことが出来ます。

6枚目カード

ワンドの3の逆位置

6枚目のカードは、神田沙也加さんの深層心理を表しています。

ワンドの3の逆位置ですから、これから発展していくためには

取り除くべき障害があったと読めます。

しかし、それについて神田沙也加さんは、まだ無自覚だった

(ソードの1のカード)と読めます。

7枚目のカード

ワンドの9の逆位置

7枚目のカードは、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

ワンドの9のカードは、成功していてもその背景に戦いの要素が

ありますからあんしん出来ません。

しかも逆位置ですから過剰に働きます。

まさかとは、思いますが神田沙也加さん自身がまだ自覚していない

誰かの意思(ワンドの1のカード)の影響で亡くなったと言う

ことでしょうか?

4枚目のカードは、死に神ですから過去の影響を片付けに来ています。

それは2枚目のワンドの1ですから神田沙也加さんが知る由もない

存在だと読みました。

「今の美しい人のソードのクイーン(光)」へ

恐ろしくてここには、書けません。

神田沙也加さんの突然の死と第12ハウスの月とささやかな疑問(タロット占い)

神田沙也加さんの死に不可解な要素はないのか(タロット占い)

神田沙也加さんの死が匂わせと関係あるのか?(タロット占い)

神田沙也加さんの周囲にいたかも知れない神田沙也加さんを見続けていた存在(タロット占い)

sponsored link
error: Content is protected !!